オバジCでニキビを卒業できる?効果や使い方について


私は40代で脂性肌の女性です。

私が勧めるニキビ撃退基礎化粧品はオバジCです。

オバジCは10や20がありますが、10でも充分素肌がクリアになります。

私は10代前半の中学時代からニキビに悩まされ、毎日ブツブツだらけ、女子にしては珍しく脂ギッシュで赤ら顔で辛い思いをしてきました。

おでこ全体にできたり、鼻の頭に出来たり。

顔のわきや頬の真ん中など場所を選ばずニキビは増殖していきました。

最初の頃は薬用石鹸ミューズで洗顔したり、クレアラシルを付けたり。

10代後半からはプロアクティブやエテュセ、20代からはオルビスなどニキビに特化した基礎化粧品を使い続けてきました。

その中でもオルビスは自分に合っていたようで結構効いて、大分ニキビが少なくはなりましたが、生理前などはどうしても顎の下にポチポチと赤いニキビが出来てしまい、自分の肌質を改善することは半ば諦めていました。

一生をニキビ肌で過ごしながら墓まで行く覚悟でした(高齢になってまでニキビが出来るのかはわかりませんが…)。

どんなにパックをしても、22時から2時のゴールデンタイムに寝ても、便秘に気をつけても、定期的に発生するニキビを完全に消滅させるには至りませんでした。

しかし、オバジC10を付けるようになってからニキビが出来ている箇所は治りやすく、また、なかなか新しいニキビも出来なくなってきたのです!

オバジCを使い始めたのは毛穴を縮小させる対策のためでしたが、ニキビにも効くとは…。

やはりビタミンCは肌に大切なのだと実感しました。

オイルはベタベタするのではないかと懸念していたのですが、もっと早く使うべきだったと後悔しました。

感触としてはオイルにしてはサラサラとした印象。

上質なオイルといった感じです。

しかしそうはいってもあまり量を付けすぎると逆に脂っぽくなってしまうので、気持ち少なめな量を付けるのが良いと思います。

手の平に1、2滴をスポイトで落とし、手の平全体に広げてからうっすらと顔に馴染ませます。

まんべんなく、小鼻の横や顎下、おでこの毛の生え際などにも丁寧に伸ばし、軽く皮膚を抑え込むようにプッシュします。

化粧水をつけたあと、5分くらい経ってから付けるほうが効果が増す気がします。

また、香りもアロマオイルのようないい匂いで、使う時に少し気分が良くなりますね。

現在はニキビもほぼ出来なくなった上に、肌のトーンも一段とクリアになり、美白効果もあるのではないかと感じ、良いことずくめです。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です