顎ニキビに市販薬で効く薬はあるのか?使用NGの薬とは?


顔に出来てしまうニキビは見た目の印象も悪くなりますし当たると痛い、膿が溜まると言った症状も出るため非常に面倒なものだと言えます。

特に顎ニキビに関しては通常のニキビとは違い、ホルモンバランスの乱れが原因となるためなかなか市販薬では治せないニキビとなります。

では顎ニキビに効き目がある市販薬は無いのかと言えば決してそんなことは無く、顎ニキビにも効果がある市販薬はドラッグストアなどで販売されています

使用NGな市販薬は?


その前に顎ニキビに使用してはいけない市販薬も知っておく必要がありますので、まずは使用NGの市販薬を説明していきます。

一般的なニキビ薬

まず一つ目は通常のニキビに使用する塗り薬は顎ニキビには使用しないほうが良いでしょう。

通常であれば顎ニキビもニキビの一種だからニキビ薬を塗るのはOKなのではと感じるかもしれませんが、一般的なニキビ薬には殺菌作用のほかにニキビの患部を乾燥させる成分も含まれています。

その為通常のニキビであれば乾燥させることでニキビの状態を緩和し、皮脂などの分泌を抑える働きが期待できます。

しかし顎ニキビの場合は乾燥することでむしろ症状が悪化してしまうことがあるため、通常のニキビ薬は使用しないほうが良いと言えます。

ステロイド配合のニキビ薬

次にステロイドが配合されている市販薬も顎ニキビには使用しないほうが良いでしょう。

ステロイドには確かに肌の炎症などを鎮める効果がありますし、医師の処方により顎ニキビにステロイド入りの薬が処方されることも少なくありません。

しかしその場合は医師の指示に従い使用することが義務付けられるためトラブルは少ないですが、市販薬でステロイド入りのものを使用した場合には自己責任で使用することになるため、塗った後に症状が悪化するということも考えられます。

では、顎ニキビに効く市販薬とはどのようなものなのか?


殺菌作用があり乾燥を防ぐことが出来るもの、成分としてはイソプロピルメチルフェノールビタミンC誘導体などが主成分となっているものであれば、顎ニキビの状態を緩和することが可能になります。

こういった成分の商品は大人ニキビ用として販売されていますので、大人ニキビ用の市販薬であれば顎ニキビにも効果がある市販薬となります。

ただし顎ニキビの場合はホルモンバランスを正常化させないと完治はしませんので、あくまでも症状を緩和できる程度だと理解したうえで市販薬を使用する必要がありますし、異常を感じた場合にはすぐに使用を中止することも必要です。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です