顎ニキビが痛い治らない!スキンケアの限界を感じたとき試してみたいこと


大人の女性の多くが顎にできる顎ニキビに悩まされています。

ニキビは男女問わず思春期を過ぎても悩まされる人の多い皮膚疾患ですが、特に働く女性には口の周りや顎周辺、首元などにできる痛みを伴うニキビに悩まされる人が多いようです。

おでこやこめかみにできるニキビと異なり、顎ニキビは目立ちますし、化膿して痛みを伴いやすいのも特徴です。

一説によると顎ニキビはホルモンバランスが作用して発症すると考えられており、そのホルモンバランスを崩すきっかけとして、仕事などのストレスや多忙による睡眠不足などがきっかけとなる人も多いといわれています。

顎ニキビが痛いうえに治らないときどうしたらいい?


顎ニキビは、大量発生してしまうこともあり、そうなってしまうと市販薬やニキビ用の化粧品で対処することは難しく、皮膚科を受診し、薬を処方してもらうことが必要です

近年皮膚科で処方されるニキビの処方薬は効果が高く、外用薬のみで治るケースも多くあります。

皮膚科で処方されるニキビの外用薬は、角質を柔らかくして肌のターンオーバーを正常化させる働きがありますので、スキンケアのみで対処する場合に比べて、痛みを伴う顎ニキビを効果的に治療することができると考えられています。

顎ニキビとホルモンバランス


ホルモンバランスが崩れている場合は、ホルモン検査を行っている皮膚科もありますので、一度血液検査を行い、バランスを崩している場合は低用量ピルや男性ホルモンの活性を下げる内服薬が処方されることもあります。

これらはアダルトニキビのホルモン療法と呼ばれ、顎ニキビを発生させやすくさせる男性ホルモンの活性を下げる効果があることがわかっており、服用を続けることで顎ニキビを減少させることがわかっています。

すべての皮膚科で行われている治療ではなく、限られた皮膚科や美容外科で行われている治療ですが、市販薬やニキビ用化粧品を使用しても全く治らない人がホルモン療法で完治した例も多数ありますので、痛みを伴うニキビが長期間治らなかったり、生理の前になると顎ニキビができて痛いといった症状に心当たりがある人は、ホルモン療法を試してみる価値は大いにあるといえます。

ストレスはホルモンのアンバランスを誘発する要因になると考えられていますので、適度な運動やバランスの良い食生活、リラックスしたりリフレッシュする時間を意識して設けるなどの工夫も、顎ニキビを治すためには重要です。

ニキビが痛い時は、絶対に指で触らずに、洗顔時も刺激にならないよう丁寧に洗い、処方された薬を使用して早期に治療することが大切です。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です