ニキビの原因は乾燥だった。潤い肌を手に入れるまでに使った化粧品は?


ニキビには学生の頃から悩まされていました。

大学生になるまでメイクをしたことがなかったので、高校生のときは特に嫌で嫌で仕方なかったです。

洗顔フォームや化粧水などは色々試しました。

そのうちのいくつかご紹介したいと思います。

テレビでもよく放送されている、プロアクティブを試したことがあります。

最初、小さいニキビが1つ消え、嬉しくて使い続けると、どんどん肌がガサガサになっていきました。

化粧水をつけるだけでヒリヒリするようになり、一回の注文だけで終わってしまいました。

その後、ガサガサは治りましたがまだニキビに悩んでいたある日、たまたまお店の資生堂のコーナーで肌検査をしてもらうと、ものすごい乾燥肌だということがわかりました。

大人ニキビは思春期ニキビと違い、皮脂が原因なだけではないようだということを、この時初めて知りました。

私の場合は乾燥が原因だったのです。

そしてそのとき勧められたのが、資生堂のdプログラムです。

一番潤う、青いやつです。

dプログラムを使ってから、ニキビは少し治まりました。

こちらはしばらくは使っていましたが、しかし段々とあまり変化しなくなってきて、黄色い方に変えたりもしましたが、成分に石油が入っているという噂も聞いたのもあり、止めました。

その後はオルビスを使ったり、大豆の化粧水、雪肌精などを使ったりしましたが、なかなかよくならず、続きませんでした。

皮膚科に何度か行ったこともあります。

大抵はビタミンの化粧水を出してくれるくらいで、あまり効果はありませんでした。

ニキビ治療に力を入れている皮膚科を見つけ、そこは2種類の塗り薬を出してくれ、とてもよく治りました。

ですがまた新しくできてしまうので、跡にもなり、美容外科に行くことにしました。

治療名は忘れましたが、数回通ってニキビ跡を薄くしてもらいました。

そのとき勧められたのが、エンビロンです。

エンビロンは大変良かったです。

治療のおかげもあるとは思いますが、エンビロンを使ってからほとんどニキビはできなくなりました。

しかし本当はずっと使いたかったのですが、エンビロンは非常に高価な為、使い続けることはできませんでした。

病院で治療、エンビロンの後はだいぶニキビも落ち着いていたので、保湿がしっかりできるものを探しました。

乾燥肌でも保湿でき、成分も安心で、続けていける値段のもの、そしてたどり着いたのが、カネボウのフリープラスでした。

これは現在も使用しています。

フリープラスを使ってから5年くらい経ちますが、ニキビに悩まされることはなくなりました。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です