顎ニキビのしこりが膿んでしまったときの対処方法は?


顎に出来る顎ニキビは頬などのニキビに比べて大きくなる場合もありますし、内部でニキビが進行してしまい、しこりが出来ることがあります。

治るまでに長期化してしまう恐れや症状が気が付かない間に進行して、膿が出る様な状態にまで悪化してしまうことがあります。

そうなってしまうと触れるのも痛いくらいのニキビになってしまい、今すぐ何とかしなければと焦ってしまうものです。

この状態のニキビは治った後にニキビ跡として残ってしまう可能性も高くなってしまいます。

本来であれば膿が出るようになる前に何かしらの対処を行う必要があるわけですが、顎ニキビの場合はなかなかニキビの進行に気付けない場合が多いため、気が付いた時には悪化していたと言うケースがとても多いのが特徴です。

絶対にやってはいけないこと


顎ニキビがしこりから膿になってしまったときの対処法として絶対にやってはいけないことがあります。

それは自分で顎ニキビの膿を絞り出してしまうことです。

絞り出したときには膿が出切ってしまうので顎ニキビの傷みなども緩和され楽になったような気がします。

ですが、顎ニキビを潰したことでその潰した場所から雑菌が侵入して更に炎症が酷くなる可能性もありますし、何より潰したことでニキビ跡が酷く残ることになる場合もあります。

そのため膿が気になっていたとしても絶対に潰すことはせず、あまりにも酷い場合には皮膚科などを受診し医師の指示を仰ぐ方が安全に顎ニキビの膿を解消することが可能になります。

皮膚科などを受診する

膿が溜まっていると言うことは、毛穴の内部で炎症が起きていてそれが悪化して膿が出る状態になっているため、まずはその炎症を抑えるための薬を使用することが必要になります。

皮膚科などを受診した場合には抗生物質などの炎症を抑える薬を処方してくれますし、それと同時に塗り薬も処方してくれますので、それを使用することが最も安全に顎ニキビの膿を無くすことに繋がります。

毎日の洗顔と生活習慣を見直す

それと自宅でも顎ニキビが出来ないようにするための対策をたてることも必要で、毎日の洗顔に関しては肌にダメージを与えない洗顔方法を実践することや、顎ニキビが出来る原因となる生活習慣を見直すことも同時に行わなければいけません。

生活習慣を改善すれば顎ニキビが出来にくくなりますし、洗顔に関してもゴシゴシ洗うと顎ニキビに刺激を与えることになるので肌に優しい正しい洗顔方法を実践することと、洗顔料も刺激の少ない洗顔料に変えることが必要です。

これらの対策を行うことで顎ニキビは出来にくくなりますし、悪化してしまったニキビの膿も徐々に小さくなり治っていきます。

まとめ


顎ニキビの膿が気になって何度も手で触ってしまったり、手で潰したりするのは跡に残る原因となるので絶対に避けましょう。

皮膚科などの医療機関の利用により自分で潰すと言った行為も無くなるのでニキビ跡も残りにくくなるでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です