ニキビ痕を隠すなら?おすすめの下地とファンデーションを紹介します


大人になってから、ニキビが治りにくく、跡になりやすくなりました。

十代の頃はオイリー肌で、皮脂からくるニキビが出来やすかったのですが、25を過ぎた頃からは、生理前のホルモンバランスの乱れやストレスからニキビが出来るようになり、根強くなかなか消えてくれない・・と悩むようになりました。

もともとファンデーションやコンシーラーなど、肌に色のついたものを塗るのが苦手で、毛穴がふさがる気がしてしまい、ニキビ跡があっても肌はスッピンで過ごしていました。

しかし今年に入り、職場の環境が激変したり、体調も優れなく、お肌もボロボロになってしまいました。

さすがにスッピン肌で外を歩くことに抵抗が出てきてしまい、肌に優しいメイク下地を探しました。

そこで出会ったのが、ESSのメイクアップベースシルキーブライトです。

ESSはスキンケア専門のメーカーで、私は10代の頃からずっとお世話になっています。

パパウォッシュやフレッシュベールなど、ニキビ・ニキビ痕に効果絶大のアイテムがたくさんあるんです。

ESSのものなら、肌に直接塗っても安心できそうと思い、はじめてのメイク下地に選びました。

リキッドファンデーションや下地の経験がない私は、うまく塗れるのか不安でしたが、手にパール大を取り優しく伸ばすと、すーっと肌になじむんです。

ナチュラルな薄づきなのに、ニキビ痕をしっかりカバーしてくれることに驚きました。

パール効果で肌がパッとワントーン明るく、きめ細やかになるのも嬉しいです。

よくメイク下地やファンデーションを塗りすぎて、首と顔の色が明らかに違う人を見ますが、メイクアップベース シルキーブライトなら、色づきがとても自然なので、三面鏡で横顔をチェックしたところ、違和感ゼロでした。

そしてその上から、ESS シルキーフィットファンデーションを塗ります。

素肌感を生かすファンデーション、とホームページでも説明がされているように、いかにも厚塗りしてます!という仕上がりにならず、とても自然なのに、ニキビ痕は見えなくなります。

パウダーなのに潤い感もあり、長時間塗ったままでオフィスのエアコンに当たっていても、かさかさしないんです。

ニキビ痕がどうしようもないときは、この下地とファンデーションに頼っています。

そして何より、お肌にとって一番楽なのは、すっぴんです。

ニキビやニキビ痕がひどいときは特に、帰宅したらすぐにメイクを落とし、お肌を休めてあげるよう心がけています。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です