30代のニキビをスキンケアで治す!おすすめアイテムを紹介します!


おでこや頬にできる思春期のニキビと違って、大人ニキビは顎より下で首などにできることもあります。

これが頑固で繰り返しできるんです。

私も30代になってから大人ニキビに悩まされていました。

赤くなった大人ニキビをコンシーラーで隠していましたが、これでは悪循環です。

何とか治る方法はないかと考えました。まずは洗顔です。

大人ニキビは、どうやらホルモンバランスが崩れることでできるそうです。

ホルモンのバランスが崩れると過剰に皮脂が出て、それが毛穴に詰まって大人ニキビとなってしまうとのこと。

それなら、この過剰な皮脂は取り除いて、肌を保湿してあげるような洗顔料がいいのではないかと考えました。

そこで、思いついたのが、昔懐かしい「ロゼット洗顔パスタ」です。

私が10代のころ使っていたもので、クリーム状の洗顔料です。

温泉のような硫黄の香りがします。

思春期のころは、この洗顔料でニキビが軽減したので、大人ニキビにも効くかなと期待していました。

そして、あまりゴシゴシすると肌が乾燥してしまうので、よく泡立てて泡でそっと洗うようにしました。

これだけで大分大人ニキビが落ち着いてきました。

あとは化粧水や乳液をどうするかです。

今まで乳液は脂っぽくなりそうなのでつけていませんでした。

でも、これは間違いのようです。

化粧水でたっぷり肌に水分を与えてから乳液でフタをしないと、せっかく潤った肌から水分がどんどん逃げ出していくというのです。

そこで、今回は、ちゃんと化粧水と乳液を使うことにしました。

どれにしようか迷った結果、女性ホルモンに着目して作ったという「ラ・ミューテ」の化粧水と美容液にしました。

これはインターネットで見つけたのですが、とても評判がいいのです。

かなり期待していました。

化粧水はすーっと肌に馴染む感じで気持ちがいいです。

無香料だと味気ない感じがしますが、これは少し香るので、リラックスできます。

そして、化粧水の次は美容液です。

つけた後、しっかり手でなじませました。

「ロゼット洗顔パスタ」と「ラ・ミューテ」の化粧水と美容液を使っていると、だんだん大人ニキビができる間隔が長くなってきました。

以前は治ったと思ったら、また繰り返しできるという感じだったのですが、今は大人ニキビが治ると、すごく疲れがたまった時以外はできることはなくなりました。

大人ニキビで悩んでいる方は多いと思います。

自分に合った洗顔や化粧品を見つければ、大人ニキビを撃退できるのではないかと思います。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です