ニキビ跡の治療口コミ!ケア用品と、治療中にうまく隠せるコスメを紹介!


わたしは思春期にできたニキビが跡になって、24歳になる今になってもなかなか消えなくてずっと悩んでいたんです。

生理前にはどんどんにきびが増え、それがまた跡に残り…。

ヘアスタイルを工夫するのが好きなのでよくアップにしていたのですが、そうすると髪で顔を隠すことができず、まわりの視線が気になって仕方ありませんでした。

人を見てもまずは肌に目が行き、きれいな肌には嫉妬し、同時に半ば諦めかけていました。

レーザーをあてにいった美容皮膚科で処方された塗り薬ではかぶれてしまい、それから自分に合った薬や化粧品を模索する日々…。

5年間にわたって試行錯誤する中で、ドラッグストアで普通に売っていて、かつ働き者なニキビケア用品を見つけたので紹介します。

まずは、ニキビに内側から作用するおすすめ商品2品!ひとつめは、「アットノン」という塗り薬です。

スーっとするジェルタイプと、マイルドなクリームタイプがありますが、ニキビが痒くなってしまう乾燥肌のわたしにはジェルタイプの冷涼感が心地よかったです。

炎症を抑えてくれるだけでなく、肌のターンオーバーのチカラも高めてくれたので、あんなに苦しんだニキビ跡がみるみる消えました。

最近ではコンシーラーなども出ているようで、私も使ってみたいなと思ってます。

「アットノン」のほかに使っていたのは、ツムラさんの「ヨクイニン」という漢方薬です。

ちょっと変な匂いがしますが、爽健美茶が飲める人ならまず大丈夫。

爽健美茶の独特の味は、ハトムギ=ヨクイニンによるものです。

古くから漢方薬として、イボ取りや肌荒れに使われてきた薬だから安心して飲めちゃいました。

漢方には合う体質と合わない体質があるようですが、もしも合えば絶大な威力を発揮すると言われています。

「アットノン」は1200円くらい、「ヨクイニン」は2000円くらいで買えたかと…。

そしてもう一つ、おすすめのメイク用品をご紹介します。

インナーケアをしつつも、仕事の都合などでお化粧をしなくてはならないタイミングってありますよね。

そんな時、カバーマークさんの「ブライトアップファンデーション」というコンシーラーには本当に助けられました。

スティックタイプで、3000円ちょっとだったかな。

コンシーラーの相場で言うと高い方かもしれませんが、驚異的なカバー力でした!

わたしはリキッドファンデを使っていたので、ファンデーションのあとに塗っていましたが、パウダリーを使うときは、ファンデーションの前に塗ってみてください。

至近距離で見ると多少厚塗り感のような違和感はなくはないのですが、汗にも涙にもにじまないのでずっと重宝していました。

以上、厳選してご紹介したこの3品で、わたしのニキビはかなり確実に快方へ向かいました。

どうかわたしと同じよう悩みを持っている人にこの記事が届きますように。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です