顎ニキビでもらう皮膚科の薬。処方される飲み薬と塗り薬の注意点


ニキビは毛穴に皮脂などが詰まり炎症を起こしたり、毛穴の中に雑菌が入り込むことで炎症を起こす症状ですが、顎ニキビという顎に出来るニキビは鼻や頬に出来るニキビに比べ毛穴の奥深くで炎症を起こすことが多いため、なかなか治すのが難しいニキビの代表と言えます。

その為自分で処置することが難しいため酷い場合には医療機関を受診して治療を行うことになることも多いニキビだと言えます。

皮膚科などの医療機関を受診した場合には、顎ニキビを治すための薬が処方されることになり、医師の指示に従い薬の使用を行うことになります。

医療機関で処方される顎ニキビの薬には内服薬塗り薬の2通りの薬があり、どちらも顎ニキビを治すために効果の高い薬となります。

ニキビの飲み薬 皮膚科で処方されるのは?


まず内服薬に関しては抗生物質と抗炎症剤を処方することが多く、この2つで炎症を起こしている顎ニキビの状態を改善することになります。

抗生物質

まず抗生物質に関しては抗菌剤とも呼ばれるもので顎ニキビの原因となっている毛穴の中の雑菌を駆除するために使用することになる薬となります。

抗菌剤である抗生物質を使用することにより菌を駆除し炎症の原因を取り除くわけです。

抗炎症剤

抗炎症剤に関しては炎症を起こして腫れている顎ニキビの状態を改善するための薬で、服用することにより炎症を鎮静化させる効果が得られます。

炎症が治まれば腫れも引いていきますので、抗生物質と抗炎症剤の併用で顎ニキビの状態を改善させることになります。

注意点

ただし抗生物質は使いすぎると菌が耐性を持つようになり効き目が無くなりますので、頻繁に使用するのはあまりお勧めできません。

それと抗生物質は非常に強い薬ですので、副作用があることも知っておく必要があります。

ニキビの塗り薬 皮膚科で処方されるのは?


塗り薬に関してはステロイドを使用した塗り薬が処方されることが多く、ステロイドの効果によりニキビの痒みや炎症を抑える効果が得られます。

注意点

しかしステロイドは肌に対して長期間使用し続けると悪影響を与えることになるため、長期間の使用は行なわないほうがよいものだといえます。

ステロイド入りの塗り薬に関しては医師から使用上の注意が必ず指示されますので、必ず指示に従い使用することが必要となります。

病院によっては漢方薬を処方する病院もありますし、抗生物質などが体に合わな場合は体に優しい漢方薬のほうが安心して使用できる薬だと言えるでしょう。

その為薬の処方がある場合には医師に相談して薬の種類を決めることも大事なことだと言えるでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です