生理前のあごニキビ対策で本当に効果があった方法を教えます!


18代の頃のニキビと違って大人ニキビと言われる吹き出物が生理前になると定期的に出来てしまいます。

特に顎周りがひどくて、数ヶ月に一回のペースで、大きく悪化してしまう事があります。

顎周りや口周りのニキビが出来るとなんとか化粧でごまかそうとしてしまい、厚塗りになって、余計見た目がひどい事になってしまう…。

さらには仕事柄、毎日マスクをして仕事しているので、特に夏場はマスクの中が蒸れて余計肌荒れがひどくなってしまいます。

さらには夏になると肌がカサカサになって頬のとこにも乾燥によるものや、紫外線による肌荒れによってニキビが出来やすくなってしまいます。

私の場合は夏場がホントにネックで、いかに夏の肌荒れニキビを解消するかが課題なところがありました。

色々とネットなどで検索して、夏場でもしっかり化粧水で保湿した後に油分で化粧水の蒸発を防ぐようにクリームや美容液を使うようにしてます。

今まで、化粧水を使う量をケチっていたように思い、なるべくたっぷり使うようにしてます。

化粧水をニキビ跡専用のリプロスキンというものにかえてからは肌荒れを起こす頻度が少なくなり、ブースタータイプの化粧水なので、その後のスキンケアの浸透が良くなって翌朝の肌の状態も昔に比べて良くなってきました。

やはり、スキンケアをまず見直す事が大人ニキビの改善への大きな1歩だと思います。

洗顔の際にも擦り過ぎたりしないように気をつけたり、、洗い残しがないようしっかりすすいだり、注意するようにしてます。

後は今まで、リキッドファンデーションを使っていたのですが、リキッドファンデだと夏場は厚塗り感が出てしまい、肌への負担が大きいせいか、皮脂崩れがひどくて、ファンデーションによる肌荒れを起こしていたように思います。

なので、最近何年かぶりにパウダーファンデーションだけに変えてみました。

色々とファンデーションもサンプルを使って、コフレドールのパウダーファンデーションのサンプルを使ってみたら思っていたよりもパウダーファンデーションにカバー力があった事と、ブラシでつけると、とっても自然で、厚塗り感もなくて良かったです。

何よりもマスクをしてもほとんど蒸れた感じなくて、マスクをとっても化粧をした時のような肌質を維持出来てるのがすごいと思いました。

そのおかげなのか、生理前でも肌荒れが減って、アゴ周りのニキビや、マスクなどの摩擦や蒸れによる肌荒れやニキビが減りました。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です