顎ニキビが治らない理由はクセのせいかも?やってしまいがちなNG行為


繰り返しできる顎ニキビに悩んでいませんか。

なかなか治らない顎ニキビは普段のクセや間違ったケア方法が原因かもしれません。

顎は皮脂分布が多く乾燥しやすいため、ニキビができやすい部位です。

顎を触ったり、頬杖をつくなどの動作はニキビを悪化させます。


手には雑菌が付着しています。

雑菌がついた手で顔を触ると肌はダメージを受けます。

ダメージの影響でバリア機能が低下してしまい、肌が乾燥しやすくなると、古い角質が蓄積して毛穴がつまってしまいニキビができます。

髪を縛っていない方は毛先が顎に触れてニキビを悪化させていることもあります。

意外かもしれませんが、布団をかぶって眠ることも顎ニキビの原因です。


布団を毎日洗うことはありませんよね。

寝ている間には何度も寝返りをうち、布団には皮脂や雑菌などが付着しています。

これらが顎に触れて刺激となり、ニキビの原因になるのです。

枕カバーやシーツを滅多に洗わない方は注意が必要です。

顎ニキビを治すために行っていることが顎ニキビを治りにくくしている可能性もあります。


ニキビを治すには洗顔をして清潔を保つことが大切です。

しかし、過剰に洗顔をすると必要な潤いが奪われてしまい、肌が乾燥してニキビができやすい状態になります。

ニキビを治そうと一生懸命に洗顔をしていませんか。

ニキビを治すためにやっていた洗顔が、実はニキビを治りにくくしていたのです。

洗顔前には手を洗って清潔にします。

肌をこすると肌の力が低下してしまうので、洗顔料をよく泡立てて、泡をクッションにして手が顔に触れないように洗いましょう。

顎は洗い忘れしやすくすすぎ残しをしやすいので、洗い忘れをしないように気をつけて、洗顔料が残らないように丁寧に洗い流します。

皮脂が過剰に分泌されるのは乾燥しているからです。

乾燥すると肌を守るために皮脂が過剰に分泌されます。

ニキビで悩んでいる方はさっぱり系の化粧品を選びがちで、適切なケアができていないため顎ニキビはなかなか治りません。

洗顔後はすぐに保湿をします。

保湿系の化粧水を使用し、与えた潤いを閉じ込めるために最後にクリームを使用します。

クリームはニキビを悪化させそう、べたつきから苦手と使わない方もいますが、クリームでニキビが悪化することはなく、適切な使用量で使い続ければ乾燥が治まり、皮脂分泌も落ち着いてくるので、べたつきが気にならなくなります。

また、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が活発になります。

ストレス、不規則な生活、偏った食事などでホルモンバランスが乱れます。

普段の生活習慣は自分では気づきにくく、問題ないと思ってしまいがちです。

冷静に自分の行動を振り返ってみて、ニキビを悪化させるような行動をしていないかどうか確かめてみましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です