ニキビ予防の化粧水は成分をチェックして選ぶ!ポイントを大公開!


若い頃の思春期ニキビの大半が成長期にともなうホルモン分泌によるホルモンバランスの乱れが原因なのに対して、大人のニキビの原因は様々です。

その中の一つが乾燥肌で、ターンオーバーが正常に行われていなかったりすると乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌を予防するには、洗顔後に化粧水を使って水分補給とその水分が蒸散しないようなクリームや乳液を忘れず塗ることが重要です。

特に化粧水というのは、乾燥肌による大人ニキビの予防に高い効果を発揮します。

そもそも化粧水の効果というのは、『水分や油分のバランスを保つことで肌に水分を与える』『配合されている成分によって肌の調子を整える』といった2つの効果があります。

何となくで化粧水を選ぶよりも、しっかりと成分を吟味した上で選ぶと良いでしょう。

ニキビ予防に効果的な成分といえば、まず思いつくのはビタミンC。

化粧水にはビタミンC誘導体として配合されていることが多いのですが、ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑える効果があります。

「乾燥肌は皮脂が無くてカサカサになるのでは?」と思うかもしれませんが、乾燥肌は水分の蒸散を防ぐために皮脂の分泌が増え、その皮脂が詰まってニキビになるのです。

次にグリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ニカリウムと表記されているグリチルリチン酸系の成分です。

これらは甘草から抽出される成分で、炎症を抑える効果があります。

自然素材由来の成分なので肌刺激が少なく効果が期待出来る成分です。

成分ではありませんが、オイルフリー・アルコールフリーと表示されている化粧水もニキビ予防には効果的です。

オイルは皮脂と同様に毛穴に詰まるとニキビの原因菌のエサとなってしまいますし、アルコールは殺菌効果はあるものの肌刺激が強いうえに乾燥を招きます。

また、ノンコメドジェニック製品と表記されている化粧水は、ニキビの原因となるコメドを作る物質が使用されていない製品のことです。

これが表示されている化粧水であれば、安心して使用することが出来るでしょう。

また、ノン「コメドジェニックテスト済み」と表記されていれば、ただのノンコメドジェニック製品よりも信頼性が高いので、そちらを選ぶようにしましょう。

これらの条件を満たす化粧水であれば、ニキビ予防に十分な効果を発揮してくれるでしょう。

変な化粧水は予防どころか逆効果になりかねませんので、含まれている成分はしっかりと吟味してニキビ予防に効果のある化粧水を使い続けることが重要です。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です