ニキビを治す薬の選び方は?状態別に最適な成分は異なる?


ニキビが出来てしまった場合、ニキビの状態に応じて様々な対策を立てる必要があります。

もしニキビが出来てしまっても、日々の洗顔を丁寧に行い肌を清潔に保つ、保湿をしっかり行うなどのケアをしていれば、肌の新陳代謝もあって1週間程度で治ってしまいます。

しかし、出来れば早く治したいという場合は、ニキビ用の薬を使うのが良いでしょう。

ニキビ治療薬には、大別すると市販薬と処方薬の2種類に分類出来ます。

市販薬というのは一般的な薬局で販売されている、入手はしやすいものの効果の弱い薬で、処方薬というのは医師の診察を受けた上で医師の判断によって病院などで処方される薬のこと。

処方薬の場合は、市販薬では使えない成分も使えることもあって、総じて市販薬よりも効果が高いことが特徴です。

必要になった時に素早く入手出来る市販薬であっても使い方次第では十分ニキビを治す効果は発揮してくれますし、どうしても早急にニキビを消したいとかニキビが酷くなりすぎたという場合以外は、市販薬で十分でしょう。

販売されている市販薬は数多く、適当に選んで利用しても効果は望めません。

自身のニキビの状態などに応じて、薬に配合されている成分などを比較して適切な物を選ぶ必要があるのです。

ニキビは白→赤→黄という順番で進行していきますが、白ニキビはまだ毛穴で炎症が起きていないので炎症を抑える成分は必要無く、炎症の原因となる菌を殺菌する成分が重視されます。

赤ニキビは炎症が出来た状態ですから炎症を抑える成分が必要ですし、黄ニキビであれば膿が出来ている状態ですから、市販薬よりも処方薬の方が効果的といった具合です。

白ニキビを治す薬に必要なのは、サリチル酸やレゾルシン、硫黄といった殺菌効果のある成分。

赤ニキビの炎症を抑える成分は、グリチルリチン酸やアラントイン、イブプロフェンピコノールなどがあります。

こうした成分はパッケージなどに必ず記載されていますから、その商品がどういった効果があるのか判別することが出来ます。

複数の商品を見比べることで、同じような効能を謳う薬であってもより詳しくその商品の特徴を知ることが出来るわけです。

ただ、こうした有効成分には副作用のような物もあり、硫黄は肌の乾燥を、レゾルシンは刺激が強いので敏感肌の人には向きません。

もちろんそういった副作用を補う成分なども同時に配合されているわけですが、気を付けておくにこしたことはありません。

薬局だけでなくインターネットでもニキビを治す薬は購入出来ますから、様々な薬を比較して最適なニキビ治療薬を選びましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です