顎ニキビにはピルでのホルモン療法が効果的?処方はどこで?


顎や首にできるニキビは、思春期の時にできるニキビと異なる特性があるといわれており、男性ホルモン優位のホルモン状態によってできると考えられています。

通常のニキビケアでは、過剰に分泌される皮脂を取り除くために洗顔を行ったり、クレンジングやイオン導出などで汚れを除去するケアを行うことで症状が良くなることがありますが、顎や首にできるニキビはアダルトニキビと呼ばれるように、大人に症状が出やすいニキビで、原因が皮脂の分泌だけではなく、ホルモンのアンバランスによるものと言われています。

ニキビのホルモン療法でピルが使われている理由とは?


皮膚科の治療では、どのようなニキビでもほぼ同じ治療法が選択されますが、ニキビを専門としている皮膚科や、美容に特化した医療機関では、あごや首にできるアダルトニキビのホルモン療法を行っています。

アダルトニキビのホルモン療法とは、男性ホルモンが優位になってしまったバランスを、低用量ピルを服用することにより整え、顎ニキビができる原因に直接作用する治療法です。

どの医療機関でも行っている治療法ではなく、限られた医療機関でのみ治療を受けることができる上、保険診療の対象外ですので、自費診療となります。

生理前に顎にニキビができて悩まされるという声を耳にすることがありますが、これはホルモンバランスが原因かもしれませんので、その場合は女性ホルモン剤である低用量ピルが効果的なケースがあります。

低用量ピルには非常に多くの種類があり、ニキビに効果が高いとされているピルがありますので、治療の際はそのようなピルを服用することになります。

ニキビのためにピルを処方してもらうには?


低用量ピルの中でも、男性ホルモン様作用が高いものと低いものがあり、より男性ホルモン様作用が低いものを選択することで、多くの女性たちの顎ニキビが改善されており、インターネット上にも多数の口コミが掲載されています。

どの低用量ピルが体質や肌質に合うかは個人差がありますので、ニキビに効果が期待できる低用量ピルを、何種類か試してみて一番合ったものを使用するのがおすすめです。

低用量ピルは、生理をコントロールする薬ですので、月経痛やPMSなど、生理にまつわる様々な体調不良にも効果が確認されています。

ニキビ治療に対するピルの処方は皮膚科や美容外科以外にも婦人科で処方してもらえることもあります。

生理前に繰り返されるあごにきびや、顔の下半分に治らないニキビがある女性は、低用量ピルを服用することで多くの女性たちがアダルトニキビの悩みを解消していますので、一度医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です