ニキビを治す食べ物はこれだ!たった一つで解決できる最高の食材とは?


ニキビ対策には様々なものがありますが、忘れがちなのが内面からのケアです。

洗顔や保湿ケア、ニキビ治療薬を使った治し方などなど、外的な治療に傾倒しがちですが、内面からのケアというのも重要なのです。

内面からのケアというと内服薬を思い浮かべるかと思いますが、日頃から気を付けておきたいのが食事です。

実はニキビと食べ物というのは密接な関係があって、日頃からどんなものを食べているのかというので、ニキビの出来やすさや治り方というのは大きく変わるのです。

では、ニキビを治すのに効果的な食べ物はどんなものがあるのでしょうか。

ニキビを治すためには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、タンパク質が重要と言われていて、これらを含む食べ物を日常的に食べている人は、ニキビが出来にくく、もしニキビが出来てしまっても治りが早くなると言われています。

それぞれの栄養素に大量に含まれた食材というのが違いますが、いちいちそれを買うのも調理も面倒という方にオススメの食材として「モロヘイヤ」があります。

モロヘイヤといえばその栄養価の高さからここ数年で高い注目を集めた食材で、ビタミンA、B群、C、E、鉄分、亜鉛、カルシウム、カロチン、食物繊維などの各種栄養素を大量に含み、ネバネバ成分であるムチンで食欲不振や消化不良を解消してくれる、生でよし加熱してよしの野菜の王様の名にふさわしい食材です。

ニキビに効果的な栄養成分を大量に含んでいるので、ニキビを治す食べ物としては最高の食材と言えるでしょう。

モロヘイヤには余り含まれていないタンパク質を補うためには、肉や魚、豆類です。

肉類の中でオススメなのは、各種レバー系と鳥肉です。

レバー系はビタミンAや鉄分なども豊富ですし、鳥肉は胸肉などは低脂肪高タンパク、手羽先などであれば美肌効果のあるコラーゲンも大量に含まれています。

豆類の代表格である納豆は、タンパク質の他にも大豆イソフラボンが含まれていて、美容には欠かせない食材としても知られています。

そして、一番重要なのはこれらの食材はモロヘイヤとの相性がバッチリということ。

モロヘイヤのスープに鳥肉を入れるのはクレオパトラの時代から続く伝統料理ですし、納豆とモロヘイヤは同じネバネバ食品ですから相性が悪いはずもありません。

納豆、モロヘイヤ、オクラ、山芋などの各種ネバネバ食品を混ぜた小鉢などは、ニキビ治療にも健康にも最高の料理と言えるでしょう。

ニキビを治す食べ物としてあれこれ言われていますが、迷ったらとりあえずモロヘイヤだけでも十分ですので、積極的に取り入れていきましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です