赤ニキビの治し方は?痛みや痒みを伴う炎症を上手に治す方法とは


肌トラブルの代表的なものであるニキビ。

ニキビが出来て最初は白ニキビと呼ばれる毛穴に皮脂や角質が詰まった状態なのですが、その状態からしばらくすると炎症を起こして痛みや痒みを伴う赤いニキビとなります。

この状態になって初めてニキビの存在に気付くという方も多く、チクチクとした刺激が鬱陶しく感じるものです。

赤ニキビはまだ炎症が起きている段階ですから、この状態で適切な対処をすればまだ跡にならずに治すことが出来ます。

では、その治し方とはどんな方法が良いのでしょうか。

赤ニキビの治し方で一番重要なのは「清潔さを保つこと」「炎症を抑えること」です。

赤ニキビの炎症は、アクネ菌という細菌が毛穴の奥で繁殖することが原因で発生する炎症です。

アクネ菌が増殖し続ければ炎症も長引くわけですから、そのアクネ菌をどうにかすることが、赤ニキビ対策の最重要ポイントというわけです。

清潔さを保つには、やはり洗顔が大きいでしょう。

適切な洗顔を行えば十分清潔さを保つことが可能です。

洗顔をする前に蒸しタオルなどで顔を温めて毛穴を開き、洗顔料はしっかりと泡立て、手で肌を擦るのではなく泡を転がすように洗うことで泡によって毛穴の奥の汚れが洗い流されるというわけです。

洗い終わったあとは冷水で毛穴を引き締めることも忘れてはいけません。

こうすることで毛穴の奥の汚れも洗い流すことが出来て、アクネ菌の栄養源を絶つことが出来ます。

次に、ニキビ用の治療薬を使う方法です。

ドラッグストアなどへ行けば様々なニキビ治療薬が販売されていますが、ニキビ治療薬は殺菌を主体とする物と炎症を抑える物の2種類があります。

商品ごとの特徴をしっかりと把握して状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

ちなみに、炎症を抑えるニキビ治療薬は、別の物でも代用することが出来ます。

例えば、「塩酸テトラヒドロゾリン」という成分が含まれている目薬が有名で、こうした目薬には大抵の場合ビタミンも含まれていてそれもまた炎症を抑える効果がありますし、完全な液状ですから肌に浸透しやすく速効性があるようです。

ニキビ薬のような外用薬ではなく、内側から効果を現す内服薬もあります。

内服薬は、ビタミン剤など以外では、基本的に医療機関で抗生物質を処方してもらうのが一般的で、その効果は非常に高く赤ニキビぐらいであればすぐに治すことが出来ますが、入手はやや手間ですし費用もかかります。

これらの方法は、単独で行うよりも併せて行うことでより赤ニキビを早くキレイに治すことが出来ますから、一つの方法にこだわるのではなく、同時に行うと良いでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です