白ニキビの治し方とは?悪化させずに治す正しい方法はこちら


ニキビというと、多くの方が思い浮かべるのは小さく出来る赤いニキビではないでしょうか。

しかし、ニキビにはそれ以外にも状態によっていくつかの種類に分類されています。

ニキビの仕組みは、毛穴の奥に皮脂や角栓が詰まりそれを栄養にアクネ菌が増殖、その際に周囲の細胞に炎症を起こさせるというものなのですが、冒頭で例に挙げた赤いニキビというのは炎症が発生した段階のいわゆる赤ニキビと呼ばれるもの。

ニキビの最初期の段階ではまだ炎症が発生していない白ニキビと呼ばれる状態となります。

この白ニキビの段階で治療を行えば、それ以上悪化することなく、ごく短期間で跡を残さずキレイに治すことが出来ます。

白ニキビは、「角栓や皮脂で毛穴が詰まった状態」を指し、見た目は皮膚の色変化が無いニキビといった具合です。

まだ炎症が起きていませんから痛みもないですし、治すのも簡単です。

白ニキビの治し方は、毛穴に詰まった皮脂や角栓を洗い流し、再び毛穴に角栓や皮脂が入らないように毛穴を閉じること。

特別な治療薬や病院での診察なんかは一切必要ありません。

炎症も何も起こってないのですから、詰まりを取ればおしまいです。

では、その詰まりを取る方法ですが、まず洗顔です。

蒸しタオルなどで顔を温め毛穴を開き、洗顔料をしっかりと泡立てて泡を転がすように洗うことで、細かい泡が毛穴の汚れを押し流してくれます。

その際、毛穴の汚れを落とす効果があると言われるスクラブ入りの洗顔料は避けましょう。

使い方が難しく、逆効果になる可能性も高いです。

洗い流す時はぬるま湯で、洗顔が終わったらすぐに化粧水で水分補給した後、冷やしたタオルなどで肌を冷やし、毛穴を閉じます。

これを根気よく続けることで、白ニキビは治すことが出来ます。

「どうしてもすぐに治したい」という場合、ちょっと強引ですがニキビを潰すという手段もあります。

極めて強引な手段に思えますが、最初期の白ニキビに限って言えば潰して芯となる角質や皮脂を取り除くことで治すことが出来ます。

もちろんその後も丁寧な洗顔をして取り残しの無いようにすることは必要です。

他にもピーリングという手段もあります。

自然なターンオーバーに期待するのが最良ですが、ピーリングで角質を削り落としてしまえば悪化することはありません。

ニキビの最初期である白ニキビに治療薬などは逆効果、丁寧な洗顔と適度な角質ケアが基本にして最大の治し方ですから、白ニキビ治療と同時に再発防止に向けて、今一度洗顔などの肌ケアを見直してみると良いでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です