顎ニキビを漢方で根本から改善する!おすすめの3つを紹介!


顎のニキビに悩む方は多く、顎はニキビの出来やすい部分でありながら洗浄不足などの要因が絡み合うことがその原因と言えます。

一般的な対策方法としては、やはり適切な洗顔・保湿、必要であればニキビ治療薬の利用といったことがあげられますが、それ以外にも有効な方法があります。

その方法の一つとして挙げられるのが漢方です。

漢方薬といえば東洋医学を代表する物の一つで、様々な症状に効果が期待出来るものです。

その漢方はニキビにも効果があり、適切な漢方薬を利用することでニキビの予防や治療が可能です。

漢方というのは、体の内側から作用します。

顎ニキビの原因の一つに、ホルモンバランスの乱れやストレス、内臓機能の低下といった外部刺激以外の体の内側からの原因が強く関係していますから、そういった部分から改善していくのに漢方はとても有効というわけです。

では、どういった漢方が効果的なのでしょうか。

漢方自体は組み合わせ次第で様々な効果を発揮しますので、全てを挙げると10も20もありますし原因によって使うものは違いますが、例えば「加味逍遥散」という漢方薬は、血の巡りを良くして便秘やストレス、ホルモンバランスの調整に効果があると言われ、月経前のニキビ対策としても効果が期待出来ます。

「荊芥連翹湯」は、皮脂の分泌を抑える効果があります。

脂性肌で白ニキビや赤ニキビに悩む方に効果が期待出来るもので、「桂枝茯苓丸」は血流の改善を促し、ニキビによって発生する色素沈着を防ぐ効果が期待出来ます。

漢方薬のメリットとしては、肌や内臓に負担を掛けずに治療が出来るというもので、さらに再発防止のための体質改善も可能です。

顎はニキビが再発しやすい部分ですから、根本的な治療ということを考えれば非常に有効な手段です。

デメリットとしては、その効果を実感するまでに月単位での継続が必要ということです。

ゆっくりと長期的に作用することで負担が少なくなっているのですから、こればかりはしょうがないことかもしれません。

ただ直接的な原因となる菌を狙い撃ちしていく西洋医学型の治療とは別のアプローチではあるものの、こちらも十分顎ニキビの改善は望めます。

もちろん漢方だけをやっても効果は薄いですし、漢方治療と併用して洗顔や保湿、ニキビ薬での殺菌などを行うことで、より早く綺麗に治すことが出来るのは間違い有りません。

顎ニキビの根本的な治療を望むというのであれば、内面から治す漢方の利用を考えてみても良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です