あごのニキビ跡の種類別ただしい対処の仕方とは?


ニキビは顔のどこでも出来るものですが、特に出来やすいのがあごのラインではないでしょうか。

あごのニキビというのは大量発生しやすいのが特徴で、また跡にもなりやすいので、適切な対処をしないとニキビが治った後も長くその後遺症に悩まされることになります。

では、あごのニキビでニキビ跡にならないようにする方法、そしてニキビ跡になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。

まず、ニキビ跡にならないようにする方法ですが、これはニキビが出来た段階で適切な対処を行っておくことです。

具体的に言えば、刺激を与えないように適切な洗顔を行い、その後にしっかりと保湿を行い、必要であればニキビ治療用の薬を使用して炎症を鎮めるというものです。

そもそもニキビ跡というのは、ニキビ発生時の炎症によってニキビ周辺の肌に鬱血が出来たり、毛細血管が破裂して内出血が起きたり、メラニン色素が生成されたことによる色素沈着が起きた結果です。

その段階になる前に炎症を鎮めてしまえば、ニキビ跡になるということはないというわけです。

では、次にニキビ跡になってしまった場合です。

ニキビ跡には鬱血による赤いニキビ跡、内出血による紫色のニキビ跡、メラニン色素の沈着による茶色いニキビ跡などのように、原因によって色が違います。

そのため、症状に合わせて対処は変えていかなくてはなりません。

一番多いのは赤いニキビ跡で、これはセルフケアでも十分対処出来ます。

この赤いニキビ跡に有効なのは、ビタミンCが配合された化粧水や美容液です。

ビタミンCには炎症や皮脂の分泌を抑える効果がありますので、ビタミンC配合の化粧水などで炎症を抑えていくというわけです。

次に、紫色や茶色のニキビ跡ですが、これは色素沈着の部類ですから効果的なのはピーリングです。

ピーリングによって肌の新陳代謝を活性化させることで、正常な肌に再生させるのです。

また、色素沈着タイプのニキビ跡の場合は日焼けをしてしまうとかなり長期化しますので、早い段階で処置を行いましょう。

ピーリングは自宅でもできますが、心配ならば病院やサロンで施術を受けるのが良いかもしれません。

病院などであればレーザー治療という方法もありますし、治療費に糸目をつけずにとにかく早く消したいのであれば専門医にかかるのが最善です。

あごはホルモンバランスの影響を受けやすいので、ニキビ予防のために生活習慣などを見直して、もしニキビが出来てニキビ跡になっても、慌てずしっかりと適切な対処を行うことが跡を消す一番の方法です。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です