ニキビ跡のクレーターを消したい!30代主婦が悩みまくってたどり着いたもの


高校生の頃から、ニキビや毛穴、肌のベタつきが気になるようになり、ドラッグストアでお手頃価格のニキビケア用化粧品を色々試していました。

当時は、年齢的にもまさに思春期特有のものだということは感じていましたし、20歳を過ぎたら少しずつ落ち着いていくのかなと、あまり深く気にはしていませんでした。

ただ、周りの同じ年頃の友達でも、肌の綺麗な子はたくさんいたので、自分はニキビのできやすい体質ではあるんだろうなという認識はしていました。

22~23歳くらいまで、深く悩むほどではないにしろ、ポツポツとできるニキビを気にしながら生活する日々でしたが、24歳の頃、仕事のストレスからかニキビがみるみる顔中に広がり、それまでのケアでは手に負えない状態になってしまいました。

それから20代の間は、高級な化粧品、エステなど、かなりお金をかけてケアをしましたが、良くなったりまたひどくなったりで、一日中常に肌のことを気にしているような、辛い日々が続きました。

30代に入って、新しいニキビができる頻度はかなり減り、肌も落ち着きを取り戻してきました。

しかし、新しくできるニキビが気にならなくなると、過去のニキビ跡がどんどん目に付くようになりました。

中でも頬は部分的にクレーター状になってしまい、日々のスキンケアでは全く改善せず、化粧でも隠しきれない状態になっていました。

またエステに通ったり、高価な化粧品も色々試してみたかったですが、その頃には結婚、出産も経て専業主婦になっていたので、子育てに追われ時間もなく、また自分にかけるお金の余裕もありませんでした。

インターネットで色々な化粧品の広告や口コミをいつも見ながらも、自分はずっとこの肌と付き合っていくんだなという諦めと、切ない気持ちにもなっていました。

なんとなくスマホでネットサーフィンをしていた時、自分の頬のニキビ跡と似たような写真の画像が載っている広告を見つけました。

普段はそういった広告を見ただけでは絶対に購入に至らないのに、なんとなく心に留まるものがありました。

それはビーグレンという化粧品でした。

30代も半ばになってくると、乾燥対策やエイジングケアなどを重要視する人が多いと思いますが、私はその年齢でも相変わらず、時々ポツンとできるニキビや年季の入ったニキビ跡にずっと悩んでいたので、ビーグレンのサイトを見ているとその気持ちを代弁してくれている気がしました。

商品は私にとっては決して安価なものではなかったですが、手頃な価格でトライアルセットが販売していたので、迷わずニキビ跡ケアのトライアルセットを注文しました。

劇的に良くなるという期待は全くしていなかったですが、一週間集中して試してみて、少しでも改善が見られればいいなという思いでした。

洗顔、化粧水、美容液、クリームの4ステップでしたが、いずれもさっぱりとした使い心地で、かといって乾燥を感じることもなく、初日の印象としてはとても良かったです。

洗顔は、それまでずっと泡立ててしっかり洗う癖がついていたので、優しくマッサージするように伸ばして洗うのが少し戸惑い、汚れが落ちているのか心配になりましたが、数日すると毛穴の詰まりが以前よりスッキリ落ちていることに気がつき、説明書の通り、不要なものだけしっかり落としてくれている感じがしました。

一番効果を感じたのはCセラムです。

新しくできそうなニキビを落ち着かせ、また、できてしまったニキビの治りを早くしてくれるのを実感しました。

トライアルセットの期間だけでは、長年のニキビ跡に関しては大きな改善は見られませんでしたが、継続して使用して、ほんの少しずつでも改善を目指していきたいと思いました。

とはいえ、継続して使用するにはそれなりの費用もかかるので、それは悩みどころですが、なんとかやりくりして使い続けてみることにしました。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です