おでこニキビの治し方 大人にきびに本当に必要な治療はこれでした


顔の中で一番ニキビが出来やすい場所はどこかと言われれば、まず最初に浮かぶのがおでこ。

大人になってもおでこにニキビが出来て困るという方は多いですし、日頃から気を付けていてもちょっとした油断ですぐにニキビになってしまうというのはとても困りものです。

美容の視点では、おでこはTゾーンという呼ばれる部分で、このTゾーンは特に皮脂腺が多いので皮脂の分泌が多く、ニキビになりやすい場所となっています。

また、前髪によって刺激を受けやすく、髪の毛に付着している埃などがついてしまったり、シャンプーやリンスが付いたまま濯ぎ残しがあったり、紫外線やホルモンバランスの崩れの影響も見過ごすことは出来ません。

様々な要因が重なっているため、大人でもおでこのニキビに悩むというのは珍しいものではないのです。

では、大人のおでこニキビにはどういう治し方があるのかというと、まず基本となるのは肌の汚れ落としと皮脂の除去です。

しかし、過剰に洗顔をしてしまうと乾燥してしまいインナードライの状態になってしまいますので注意が必要です。

必要以上に肌を刺激しないように、洗顔料はしっかりと泡立てて泡を転がすように洗います。

洗顔料を洗い流すときはぬるま湯で。

熱いお湯の方が皮脂は落としやすいのですが、洗顔料とお湯で過剰に落としてしまうことになりますので、お湯の温度には気を付けておきましょう。

毎回洗顔料を使ってしっかり洗うのではなく、朝はぬるま湯だけで洗うだけに留めておくのも、肌を保護することを考えれば良い方法です。

また、ニキビに刺激を与えないように前髪がおでこに触れないように髪型を変えるのも効果的です。

一日中は無理だったとしても、就寝前の自室の中だけでも良いので、少しでも髪が肌に触れる時間を減らすようにしましょう。

皮脂の分泌は食事も強く影響があり、動物性脂肪などが多い食事を続けていると当然皮脂は多く分泌されます。

治療の間だけでも動物性脂肪は避け、ビタミンCを始めとする各種ビタミン群を中心とした食事メニューを摂ることを心掛けます。

思春期のニキビと違って大人ニキビの場合、食生活や生活習慣、ストレスなどが強く関係しています。

皮脂などによる毛穴の詰まりの問題を取り除いても根本的なストレスや食事、睡眠といった部分が解決していなければ根本的な改善とはなりません。

ニキビ用の薬を使ったとしてもその効果はあくまで応急処置にしかなりませんので、まずは基本的な洗顔・保湿、生活習慣の改善を正しく行うこと、それこそが大人のおでこニキビの根本的な治し方なのではないでしょうか。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です