ニキビの治し方 薬の上手な使い方とやってはいけないNGな塗り方


ニキビの治し方の一つに、ニキビ用の薬を使うという方法があります。

ニキビ治療のための薬というのは実に種類が豊富で、ニキビの状態に合わせていくつもの薬が存在しています。

病院で診察を受けて処方される物もあれば、市販薬としてドラッグストアなどで普通に購入出来る薬という違いもありますし、最適な薬を選べばニキビ治療には強い力となることでしょう。

当然前者の病院からの処方薬の方が含有成分に強い成分が多いので、より強力にニキビを消すことが出来ますが、ニキビの種類によっても処方される薬は違いますし、そもそもニキビ自体が種類によって原因が違うので全てを一つの薬で対応するというのは避けるべきです。

さて、そんなニキビ治療薬ですが、症状に合わせた薬を正しい使い方で使用しないと効果を期待することが出来ません。

ニキビ治療薬には塗り薬と内服薬がありますが、使い方により気を付けなくてはいけないのは、塗り薬の方でしょう。

市販の塗り薬を使用する際に基本となるのは「清潔な肌に適量を塗る」ということと、「薬を使用する前に洗顔や保湿を行って清潔な手で使うこと」です。

よくネットの情報などで「軟膏は厚めに塗ると効果的」などという情報がありますが、適量以上に塗ると逆効果になる薬も多いので、あまりオススメは出来ません。

塗りすぎることで薬が効きすぎて肌の乾燥につながったり、刺激が強い薬であれば肌がかぶれてしまう可能性もあります。

ニキビとは別の肌トラブルにつながる可能性がありますので、パッケージに書かれている使用量を守ることが望ましいでしょう。

また、塗った後に絆創膏などで蓋をするという方法もありますが、これも絆創膏の貼り方によっては蒸れて悪化する可能性があります。

使用する場合は、あくまで軽くふんわりと貼ると良いでしょう。

処方薬の塗り薬の場合、成分にステロイドなどが配合されていた場合は、市販薬よりも慎重に使う必要があります。

使用する際はニキビが出来ている場所だけ、予防として顔中に塗りたくったりするのは絶対に避けましょう。

ニキビ治療薬というのは、あくまで応急処置というものですから、根本的に解決するのであれば食事や睡眠に気を付ける必要があります。

果物などからビタミンCを始めとした各種ビタミン類を積極的に摂り、場合によってはビタミンサプリなどで補うのも良いでしょう。

生活習慣の改善をすることで治療薬の効果も比例して期待出来るようになるのです。

上手に利用すれば肌への負担を最小限に最大の効果が期待出来ますから、まずは使う前に正しい使い方やケア方法を知ることから始めましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です