ニキビ跡が残らないように治したい!どうすればいいの?


ニキビ跡が残ってしまうと気持ちがブルーになりますよね。

ニキビ跡が残らないように治すためには、大人ニキビの原因を理解し、正しいケア方法を知ることが大切です。

大人ニキビの原因

思春期にできるニキビと大人ニキビの原因は違うことを知っていますか。

生理前になるとニキビができやすい、口やあごの周りにできやすい、繰り返しできて治りが悪い、肌が乾燥している、これらに当てはまれば大人ニキビです。

思春期のニキビは成長ホルモンなどの影響による過剰な皮脂分泌による毛穴のつまりですが、大人ニキビの原因は乾燥と古い角質の蓄積です。

肌の代謝が悪くなるとターンオーバーが遅れて、古い角質が蓄積し、毛穴を防いでしまいます。

ターンオーバーの遅れにより肌が乾燥し、毛穴が開きにくくなってわずかな皮脂でもたまりやすくなり、角質が厚くなり、大人ニキビをさらに悪化させます。

大人ニキビの原因は日常生活に潜んでいます。

栄養が不足すれば肌生まれ変わりに必要な原料不足で肌代謝が低下します。

睡眠不足やストレスはホルモンバランスを乱して肌に影響を与えます。

メイクをきちんと落とせていなかったり、間違った洗顔方法も大人ニキビを作ります。

繰り返しできる大人ニキビはニキビ跡を作ることもあります。

ニキビ跡は治すのが難しく、真皮にまで影響を与えたクレーター状のニキビ跡は、皮膚科の治療でも治すことはできません。

正しいケア方法


ニキビ跡を残らないようにするためには、正しくケアすることが大切です。

洗顔

まずは洗顔方法を見直しましょう。

乾燥肌の方の多くはこすり過ぎです。

ニキビを治そうとゴシゴシ力を入れて洗いたくなりますが、こすって洗うと肌の力が低下して乾燥しやすくなります。

洗顔料をよく泡立てて、泡を肌の上を転がすように洗いましょう。

すすぎにお湯は34度くらいのぬるま湯でこすらないようにします。

髪の生え際やあごはすすぎ残しをしやすいので、丁寧に洗い流してください。

保湿


洗顔後は急速に肌の水分が奪われるので素早く保湿をします。

ニキビ肌にはセラミドやヒアルロン酸など保湿作用が高い成分がおすすめです。

セラミドやヒアルロン酸は分子が大きく、大きな分子は肌表面にとどまって毛穴つまりの原因になります。

分子を小さくした成分なら肌に浸透します。

睡眠

肌の生まれ変わりは夜に行われています。

睡眠不足になれば肌の生まれ変わりが滞り、古い角質が蓄積してニキビを悪化させます。

遅くとも12時までには眠るようにして、7~8時間くらいは睡眠時間を取りたいことろです。

食事

食事にも気をつけましょう。

肌の生まれ変わりにはタンパク質、ビタミン、ミネラルなどが必要です。

特に意識して摂りたいのはタンパク質です。

女性はタンパク質が不足しがちなので、肉、魚、卵、大豆製品などいろいろな食品からタンパク質を摂取してください。

大人ニキビを治すには、1日3食毎回タンパク質を摂る必要があります。

ビタミンやミネラルを摂るために野菜や果物を食べることも大切です。

まとめ

ニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまうと鏡を見るたびに残念な気持ちになるものです。

正しいケア方法で跡が残らないように治していきましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です