ニキビを治すには食べ物を見直すべき?食べたほうがいいのはこれ


色々な化粧品や薬を使ってみたけど、なかなか治らないニキビで悩んでいませんか?ニキビの原因は様々ですが、肌の状態は食べ物が大きく影響しています。

あなたのニキビも食事を見直す事で、意外と簡単に治ってしまうかもしれません。

では、どういった食べ物がニキビ改善に効果があるのでしょうか?まずは、なんといってもビタミンです。

ニキビ治療で皮膚科に行くとよくビタミン剤をもらうと思います。

ビタミンをとることは、ニキビにとって、すごく良い事なのです。

ビタミンにもいくつか種類があります。

それぞれ説明していきたいと思います。

まず、ビタミンAです。

ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれています。

皮膚や粘膜を作る働きをしています。

肌のターンオーバーを活発にする役割をするので、ニキビ改善にとても効果があります。

次にビタミンB2です。

これは、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えてくれます。

レバーや納豆などに多く含まれています。

そして、ビタミンB6です。

肌の老化を防ぎます。

肌の老化を防ぐ事で乾燥を抑え、肌をしっとりさせます。

ニキビに乾燥は大敵なので、とても大切です。

マグロやカツオに含まれています。

それから、ニキビ予防として有名なビタミンCです。

ビタミンCも、皮脂分泌を抑える役割をしてくれます。

また、抗炎作用があるので、ニキビの炎症を抑えてくれる働きをします。

レモンやパプリカなどの果物や野菜に多く含まれています。

ビタミンEです。これは抗酸化作用があります。

肌が酸化するのを防ぐ作用があるので、ビタミンEにもターンオーバーを活発にする働きがあります。

アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

それから、ビタミンに加え、食物繊維をとることをおすすめします。

腸内環境が崩れてしまう事で不要な物が体にたまり、ニキビの原因となってしまいます。

腸内環境が良くなれば、不要な物が体の外に排出され、新陳代謝も良くなるので、ニキビも改善されます。

便秘気味の人はニキビになりやすいので、ぜひ、食物繊維を積極的にとってください。

また、亜鉛もニキビの改善に大切な働きをします。

ホルモンバランスが崩れる事でニキビは出来ます。

そのホルモンバランスを整えてくれる働きを亜鉛はしてくれます。

亜鉛は、牡蠣やチーズ、カシューナッツなどに多く含まれています。

これらの食品を積極的にとることで、体の中からニキビを改善する事が出来ます。

こんなにたくさんの食品をとる事は、難しい事のように思えますが、毎日、バランスの良い食事をしていれば、まんべんなく全てとることが出来ます。

しっかりと洗顔したり、化粧品でケアする事も大切ですが、肌は色々な栄養をとる事で作られていくので、しっかりとした栄養をとることはニキビ対策をするうえで大切な事だと言えます。

ぜひ、食生活を見直す事で、きれいな肌を手に入れて下さい。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です