生理前に顎ニキビが出来る原因と対策方法とは?


大人の女性で、あご周辺に吹き出物が集中して発生している人がいますが、これはストレスやホルモンバランスなどが原因と言われています。

ニキビは青春のシンボルとたとえられますが、思春期の頃に皮脂の分泌が過剰になることで毛穴がふさがれできるのがメカニズムとされています。

思春期には性腺刺激ホルモンが発達するため、ホルモンバランスにより皮脂が過剰になるとされていますが、成長とともにニキビは治まるのが一般的です。

しかし、一部大人になっても治らない方や、大人になってから吹き出物ができ始めるというケースもあります。

それらの吹き出物は大人ニキビやアダルトニキビと呼ばれており、女性に多い傾向にあります。

女性のあご周辺にできる吹き出物は、ホルモンバランスが原因と考えられ、生理前に悪化するケースも多く見られます。

生理前は黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌量が過剰になるため、吹き出物ができやすいといわれています。

又、ストレスや寝不足で吹き出物ができることもあります。

若いころと異なり、肌のターンオーバーがスムーズにいかなくなることで吹き出物ができることもありますので、規則正しい生活でターンオーバーを整えることが推奨されています。

長引くあご周りの吹き出物は、低用量ピルや男性ホルモンの働きを低下させる薬を内服することで、よくなることがわかっています。

これは、あご周りにニキビが多い女性に最適な治療法で、限られた皮膚科ではありますが、自費診療で治療を受けることができます。

あご周辺にニキビが多い女性は男性ホルモン値が高いことがあるため、ホルモン値を測定し、男性ホルモンが多いようであれば投薬治療の対象になります。

この治療は、顎周辺のニキビが発生する原因にアプローチするため、とても効果が高いことがわかっており、インターネット上でも情報交換が活発に行われています。

布団や枕カバーが汚れていてあご周辺に吹き出物が出ることもあります。

寝具は皮脂や汗で汚れやすく、ばい菌が繁殖していることもあるため、なるべくこまめに取り換えると良いでしょう。

又、適度な運動も代謝が良くなり、老廃物が排出されて肌のターンオーバーを助ける働きが期待できますので、日々の習慣として取り入れると良いでしょう。

頬杖をつく癖がある方や、ニキビを触ってしまう方は、無意識に顔に触れないよう注意しましょう。

汚れた手で触ることでニキビが発生するケースも見られるため、癖がある方は気を付けると良いでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です