ニキビの治し方 もっと簡単に治す方法を探しているあなたへ


なかなか治らないニキビや生理前のニキビ、繰り返すニキビで悩んでいませんか。

病院で治療を受ければすぐに治るかもしれませんが、病院に行くのはためらいを感じますよね。

ニキビ専用の化粧品も数多く販売されています。

しかし、特別なことをしたりお金をかけるのも大変です。

もっと簡単に治す方法はないのでしょうか。

ニキビを治すには日々のケアが基本です。

基本は洗顔と保湿です。

今までやっていたことを少し変えるだけなので簡単ですよね。

洗顔や保湿は毎日やっていることなので特別なことをする必要はありません。

ニキビを治すためには潤いが重要です。

肌が乾燥すると肌を守るために角質が肥厚し、たまった角質で毛穴の出口がふさがれて皮脂がたまってしまいます。

洗顔でたまった皮脂を取り除くことは大切ですが、過剰な洗顔は必要な潤いも落としてしまうので、乾燥しないように洗うことがポイントです。

ゴシゴシこすると肌が傷つき乾燥するので、こすらないように優しく洗いましょう。

顔を洗う前に手を洗います。

手に付着している雑菌や汚れが肌に刺激を与えるので清潔にします。

洗顔料の泡立ちもよくなります。

顔を少し濡らしてホコリや皮脂など軽い汚れを落とし、肌に直接洗顔料が触れてダメージを受けることを防ぎます。

洗顔料を手にとったら、少しずつ水を加えてよく泡立てます。

泡立てネットを使うとたくさんの泡ができます。

まずはTゾーンから洗います。

指の腹を使って小鼻も丁寧に洗いましょう。

次に頬を洗います。こすらないよう泡を転がして洗います。

口元や目元など乾燥しやすい部位は泡をのせるだけにします。

すすぎのお湯は34度くらいのぬるま湯で、すすぎ残しがないようにします。

洗顔時間が長いと必要な潤いがどんどん奪われてしまうので、すすぎも入れて1分以内に洗い終えましょう。

洗顔後はすぐに保湿をします。

保湿をすることで肌の生まれ変わりが整い、角質の肥厚が改善されてきます。

水分と油分のバランスが整うことで、過剰な皮脂分泌も治まってきます。

保湿成分でおすすめはセラミドです。

セラミドには肌のバリア機能の回復を促したり、高い保湿力と浸透力があります。

化粧品に配合されるセラミドにはいくつか種類がありますが、人の肌にもともと存在するセラミドと構造が似ているヒト型セラミドがおすすめです。

保湿ケアするときもこすらないように気をつけましょう。

化粧水は手のひらに取り、顔に押し当てるようにつけます。

美容液やクリームはこすらないよう、肌の上を滑らせるようにつけましょう。

毎日丁寧にケアを続けることで肌が変わってきます。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です