ニキビ治し方 食べ物で肌は変わる!食べていいものとNG食品


ニキビに悩む方の大半は、様々なケアを行っていることと思いますが、意外と見落とされがちなのが食事です。

ニキビの治りは食事次第で遅くもなりますし早くすることも可能です。

劇的にというわけではありませんが、やはり治すのに適した食事を摂ることで、通常よりも1日も2日も早く治すことが出来るのです。

では、どのような食事をすると治りを早く出来るのかというと、一番重要なのはやはりビタミンです。

代表的なのはビタミンCで、これは美肌に効果のある抗酸化物質ということで、非常に有名です。

他にもビタミンA、B2、B6、Eなどが効果的です。

ビタミンCが多く含まれている食品としては、赤ピーマン、黄色ピーマン、パセリやレモン、ゴーヤなどがあります。

ビタミンAは、にんじんやほうれんそうカボチャなどの緑黄色野菜の他、うなぎやレバーといったものにも多く含まれています。

B2は卵や乳製品、納豆などに多く含まれていて、B6は鶏のささみやにんにく、Eはレバーやうなぎ、モロヘイヤなどが挙げられます。

ビタミン以外ですと、亜鉛やカルシウム、マグネシウムなどがあります。

亜鉛は牡蠣や各種ナッツ類、カルシウムは乳製品や魚類、マグネシウムは穀物類や昆布などの海藻類に含まれています。

野菜類はサラダなどにして複数種類を摂ることで偏りを防ぐことが出来ますし、メインのおかずとしてレバーやうなぎなどを組み込むと、バランス良く摂取することが出来てニキビ治療に効果的でしょう。

では逆に、ニキビに対して避けるべきNG食品というべきものもあります。

よく言われているのは「チョコレートを食べ過ぎるとニキビが出来る」というものですが、これはチョコレートに含まれている大量の糖質が、皮脂の主成分であるトリグリセリドを増やす原因とされているからです。

特定の食品がニキビの原因となるわけではないのですが、糖質や動物性脂肪の過剰摂取は皮脂の過剰分泌の原因になりますから避けるべきと言えます。

同じ肉でも鳥のムネ肉やささみなどの油の少ない部分は問題ありません。

むしろタンパク質が肌のターンオーバーに必要となりますから、推奨される食材です。

意外な所ではコーヒーや紅茶などに含まれるカフェインはビタミンB群の吸収を妨げる効果があります。

アルコール類も糖質を大量に含みますので、チョコレートと同様の理由から避けるべきでしょう。

日頃から意識して食事を続けるとストレスになりかねませんが、ニキビ治療中ぐらいは栄養のバランスや治療に効果的な栄養成分を考慮して食事を選ぶことが重要です。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です