ニキビの治し方 早く消えて!1日も早く治したい人のためのにきびケア


大人の肌トラブルの代表格であるニキビは、一度出来ると治るまで結構な日数が掛かります。

特別なケアをしなくても、1週間もあれば大抵は治るのですが、女性にとって1週間もニキビがあるというのは避けたいところです。

少しでも早く治すためにはケアをする必要がありますが、その方法というのも様々です。

様々な方法を試す前に、前提として「ケアを行う前に適切な洗顔料を使って適度な洗浄を行いしっかりと肌の汚れを落とす必要がある」ということは覚えておきましょう。

その上で行うべきケアですが、まず一番軽いニキビと言われる白ニキビの場合ですが、これは「ニキビを潰して芯を取り、栄養補給や睡眠をしっかり摂る」ということにつきます。

白ニキビはまだ炎症などを起こしていない状態で、汚れが溜まった状態ですからこの状態で芯となる皮脂や角質を取り除き洗顔、栄養や睡眠を摂れば3日もしないで治せます。

次に、赤ニキビに有効なのが「オロナイン軟膏を使う」というケア方法です。

オロナイン軟膏には殺菌成分が含まれていますからニキビの悪化を防ぎ、ニキビ治療を促進してくれるというわけです。

使い方は、オロナイン軟膏をごく少量べたつかない程度の量をニキビに塗り込むだけ。

よくオロナインの裏技として軟膏をたっぷり塗って絆創膏で密封するというような方法や、軟膏を化粧水などに溶いて使うという方法がありますが、前者は殺菌よりも湿潤による菌の繁殖が促進されてしまい悪化する可能性がありますし、同様に水溶き軟膏も殺菌効果が薄まる上に雑菌が入りやすくなり、殺菌効果よりも雑菌繁殖させてしまう可能性もあるということで、避けるべき行為とされています。

赤ニキビの次の段階である黄ニキビですが、この状態になってしまうと下手なケアをするとニキビ跡になったりするので、洗顔と保湿をしっかり行い、出来る限り刺激しないのが一番のケアです。

また、肌のターンオーバーを促進させるためにビタミンCを始め、タンパク質や亜鉛などのミネラルなどをバランス良く摂ることや、睡眠時間を最低でも7時間以上摂ることが望まれます。

さらにケアをするのであれば、ヨクイニンなどのサプリメントなどを摂取するのも効果的です。

黄色ニキビはアクネ菌の炎症だけでなく黄色ブドウ球菌によって膿んでいる状態ですから、場合によっては医療機関で診察を受けることも考えておきましょう。

他にも治りを早める方法はありますから、色々と試してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です