オロナインのニキビへの使い方は?赤みに効果あり?効かないときは?


オロナインの効果・効能には「にきび」と記載されていて、ニキビが治ることが期待できます。

正式に記載されていますが、あまり知らない人もいるのではないでしょうか。

オロナインの有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液です。

この成分には殺菌作用があります。

ニキビの原因になるのがアクネ菌です。

アクネ菌は皮脂が大好物で、毛穴にたまった皮脂をエサにして繁殖します。

アクネ菌が繁殖すると炎症が起こり、赤いニキビができます。

炎症の刺激でメラニンが生成されて色素沈着ができたり、クレーター状の跡が残ることもあるため、赤いニキビは早めの対処が必要です。

オロナインは赤いニキビに効果的です。

ニキビの初期段階が白ニキビで、毛穴に皮脂がたまった状態で炎症は起こっていません。

皮脂が空気に触れて酸化すると黒ニキビ、アクネ菌が繁殖して炎症が起こると赤ニキビと進行します。

白ニキビや黒ニキビは炎症は起こっていないので、殺菌作用がある成分を使用しても効果はあまり期待できません。

オロナインには保湿作用もあり、保湿することでニキビができにくい状態になります。

ニキビは脂性肌の人ができるイメージがありますが、乾燥肌でもニキビができます。

乾燥すると肌を守るために角質が厚くなり、たまった角質で毛穴がふさがれて皮脂がたまります。

乾燥した肌は毛穴の力が低下して開きにくくなっているので、わずかな皮脂でもたまります。

オロナインにはグリセリン、オリブ油、ワセリンなどの保湿成分が配合されています。

これらの成分が肌の乾燥を防ぎ、ニキビができにくい肌に近づきます。

オロナインは肌を清潔にしてから使用します。

洗顔で汚れを落としてから、ニキビに少量塗ります。

ごく薄くで構いません。

たくさんつけると毛穴をつまらせてしまうので、ほんの少量でよいです。

殺菌成分はアクネ菌を殺菌してニキビをできにくくしますが、肌に棲みつく善玉菌も死滅させてしまいます。

頻繁に使用するとよい菌も減って肌荒れを起こすので、1日1回までの使用にしましょう。

肌に異常を感じたら使用を中止してください。

オロナインの効果が期待できるのは、使用して1週間くらい経ってからです。

オロナインは第2類医薬品で化粧品よりも高い効果が期待できますが、肌が再生するには時間がかかるので、ニキビが治るまでに数日かかるのです。

ニキビを治そうと過剰に洗顔をしたり、オロナインをたっぷりと塗るとニキビを悪化させるので、リラックスして気長にケアしましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です