あごのにきびの治し方にはコツがある?上手に治す方法とは?


乾燥している部位はべたつくTゾーンに比べてニキビができにくそうですよね。

しかし、乾燥しやすいあごはニキビができやすい部位です。

乾燥しやすいですが皮脂腺の分布が多く、毛穴がつまりやすくなっています。

乾燥することで古い角質が蓄積し、毛穴の出口がふさがれるので、さらに毛穴がつまりやすくなります。

頬杖をつくなど手で触ることが多いので、触ることが刺激になって治りにくい部位です。

あごニキビの原因の一つがホルモンバランスです。

女性は生理前になるとあごにニキビができることがあると思いますが、これはホルモンバランスが関係しています。

生理前には黄体ホルモンが増え、ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になったり、角質が肥厚して毛穴がつまり、ニキビができやすい状態になるのです。

生理前でなくてもニキビができるのも、ホルモンバランスの乱れが関係しています。

ホルモンバランスを乱すものには、ストレス、不規則な生活、睡眠不足などがあります。

ストレスを感じると副腎皮質ホルモンが分泌され、皮脂分泌を刺激します。

男性ホルモンの分泌も増え、男性ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になります。

ホルモンバランスを整えることが、あごニキビを治すために重要です。

ストレスはホルモンバランスを乱してしまうので、ストレスをこまめに解消するようにしましょう。

そうはいっても、仕事、家庭のことなどさまざまなストレスがありますよね。

ストレスを回避することはできませんが、アロマ、散歩、カラオケなど好きなことをしてストレスを解消してみてください。

わずかな時間でもいいので、自分だけの時間を持てるようにしましょう。

睡眠もストレス解消によいです。

ぐっすり眠るとストレスが軽減されてスッキリします。

睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発になり、肌の修復が行われます。

しっかり眠れば肌が修復されてニキビの治りもよくなります。

偏った食事もホルモンバランスを乱してしまうので、食事にも気をつけてください。

お菓子を食事代わりにする、コンビニのお弁当やファストフードばかり食べるといった食事は、ホルモンバランスを乱します。

自炊できればいいですが、できないときは野菜のおかずを足すなどしてバランスを摂りましょう。

ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、タンパク質はニキビの治りをよくします。

ビタミンCはストレスを軽減する助けもするのであごニキビ解消のためにおすすめです。

柑橘類、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマンなどに多く含まれています。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です