ニキビの治し方 あごにできる繰り返しやすく治りにくいにきびの原因と対策


20代以降の生活習慣の乱れによってできるニキビを大人ニキビといいます。

あごは大人ニキビがよくできる箇所です。

あごにできるニキビには、繰り返しやすく治りにくい、大きめのニキビになりやすいという嫌な特徴があります。

アゴは汗はあまりかかず、皮脂量もほかの箇所と比べるとやや少なめです。

あごニキビの原因はホルモンバランスの乱れ、保湿力の低下、手やカミソリによる外部からの刺激などがあります。

ホルモンバランスの乱れはストレス、睡眠不足、偏った食生活などの生活習慣を見直すことが対策になります。

単なるスキンケア以上に、毎日の生活を改善することが根本的なケアとして重要になります。

肌は一定の周期によって新しい肌に生まれ変わるターンオーバーをくりかえします。

しかしホルモンのバランスが崩れるとターンオーバーがうまくいかなくなります。

ターンオーバーがうまくいかないと古い角質が残って毛穴につまってニキビを引き起こすことがあります。

規則正しい生活をおくることはニキビケアとしても重要です。

あご周りは頬や鼻に比べてスキンケアが行き届きにくい箇所になりがちです。

毎日のスキンケアを今一度見直すことも有効な対策になります。

洗顔の際にきちんとあごを洗えていたか、また洗顔料のすすぎ残しはなかったか注意してみるといいでしょう。

洗顔のすすぎ不足のせいで洗顔料の成分が残っていると、毛穴のつまりの原因になることがあります。

一方で過度の洗顔も皮脂や潤いをうばってしまいます。

適度な洗浄力のあるアイテムで肌に優しい洗顔を行いましょう。

また洗顔後の保湿ケアがきちんとできていたかどうかもチェックしてみましょう。

フェイスラインやあごは保湿不足になりやすい箇所です。

なるべく低刺激タイプの化粧品を選ぶ、保湿力や浸透力に優れたアイテムを使って有効成分をしっかり肌に届ける、などの工夫も大切です。

保湿を重視したスキンケアであごやフェイスラインまでしっかりと潤いを届けましょう。

あごはつい手で触りがちですね。

でも手で触れることは雑菌が繁殖しやすいということです。

またあごは帽子などで覆われていないので、紫外線を浴びて肌がダメージを受けやすい箇所です。

あごが外部からの刺激を受けやすいということに注意して、日焼け止めの塗り忘れやムラを防ぎ、タオルや枕カバーなども清潔なものを使用しましょう。

あごニキビをはじめ大人ニキビは生活習慣の乱れが大きく影響します。

睡眠や食事に気を配って大人ニキビになりにくい肌を目指しましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です