ニキビの治し方おでこ 生活習慣とスキンケアで改善する方法


おでこは思春期にニキビができやすい部位です。

大人になってからできるニキビは、生活習慣やスキンケアが原因です。

思春期は成長ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になり、おでこにニキビができます。

大人になってからできるニキビは乾燥も原因です。

乾燥すると肌のバリア機能が低下して、ニキビの原因菌のアクネ菌に対抗する力が低下したり、角質が肥厚して毛穴がふさがれ皮脂がたまるためニキビができます。

おでこにニキビができやすい方は、睡眠不足で不規則な生活をしている傾向があります。

睡眠時間が不足すると、自律神経が乱れて女性ホルモンのバランスが崩れます。

女性ホルモンのバランスが崩れると肌が乾燥したり、皮脂分泌が活発になり、ニキビができやすい状態になります。

また、寝ている間は肌が修復される時間ですが、睡眠時間が不足すると肌の修復をしっかり行えず、ニキビの治りが悪くなります。

おでこは洗顔ですすぎ残ししやすく、残った洗顔料が刺激になったり毛穴をつまらせます。

洗顔方法を見直してみましょう。

こすって洗うと肌を傷つけて乾燥を招くので、洗顔料をよく泡立ててこすらず優しく洗います。

念入りに洗っていると洗浄成分の影響で必要な潤いが奪われてしまうので、1分以内に洗顔を終えるようにしましょう。

すすぎ残ししやすいので丁寧に洗い流してください。

洗顔後にはすぐに保湿をします。

保湿をすることで肌のバリア機能が回復し、ニキビができにくい健やかな肌になります。

保湿成分ではセラミドがおすすめです。

刺激が少ないのでニキビができて弱っている肌にもよく、バリア機能の回復を促す働きがあります。

ビタミンC誘導体は皮脂分泌をコントロールし、炎症を鎮める働きがあります。

炎症を鎮めることでニキビ跡を予防できます。

前髪がおでこにかかると不衛生になるので、前髪が髪にかからないようにします。

ニキビが人目に触れて恥ずかしいかもしれませんが、髪が触れると不衛生になった悪化させる可能性があります。

また、使っているシャンプーやリンスの影響もあります。

シャンプーやリンスに使われている成分が刺激になったり、毛穴をふさいでしまいます。

髪をすすぐときにもおでこに成分が流れて、毛穴つまりの原因となります。

シリコンは毛穴に詰まりやすい成分なので、シャンプーを変えたらニキビが増えたという場合は、ノンシリコンのシャンプーを使ってみてください。

シャンプーやリンスもよく流すように気をつけましょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です