ニキビの治し方たった1日ですぐ治すための4つのステップ


ニキビの悩みというのは誰しもあるもので、一度出来てしまうと消すのにはなかなか時間がかかるものです。

しかし、ちゃんとした対処をすれば一日でも目立たなくすることぐらいまで持っていくことも可能で、ニキビの状態によってはほぼ治せるかもしれません。

1、すっぴんになる
その対処方法ですが、まずメイクを完璧に落としてすっぴんの状態にしておきます。

ファンデーションなどが残っているとそれを栄養にニキビの菌が活性化してしまいますので、洗顔料を使って泡でしっかりとメイクを落とします。

その際、メイクに使うパフやブラシなども新品に取り替えておくと、これらの道具についた皮脂によって繁殖した雑菌がニキビに繋がることを防いでくれます。

また、洗顔後に使うタオルや枕のカバーなども、清潔な物にしておきます。

これらも直接肌に触れるものですから、寝ている時のニキビ悪化の原因となります。

2、ステロイド軟膏を塗る
これらの準備が終わったら、薬局などで売っているステロイドのニキビ用の軟膏を薄く塗り広げます。

もしちゃんと皮膚科などに受診して病院から薬が処方されているのであれば、それを使います。

ステロイド軟膏は抗生物質ですから、その効果は市販の物でも効果は大きく、長期間の使用や大量に塗りすぎれば逆効果になってしまうこともあるほど。

控えめにニキビに塗って、絆創膏などで寝ている間に拭わないように保護しておきましょう。

そうしたら、

3、栄養補給する
次に栄養補給のためにサプリメントを飲みましょう。

ニキビに効果的な栄養素は、ビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛といったものです。

肌の代謝を促進したり、肌の免疫力を高めたり、代謝に必要なタンパク質の生成を促進したりといった効果がありますから、気休めと思ってもしっかりと摂取しておきます。

4、しっかり寝る
そして、最後の一番重要なものですが、それが睡眠です。

軽視されがちなのですが、睡眠不足はニキビの最大の原因といっても過言ではありません。

肌の再生などは実は睡眠時が一番活発に行われているので、この時間が足りないとターンオーバーが正常に行われず、ニキビに繋がります。

他にも、睡眠不足は免疫力を下げてしまいますし、睡眠時間が短くて肌の健康に良いことなど一つも無いというわけです。

理想を言えば22時~2時の4時間は脳からホルモン分泌などが最大になるゴールデンタイムとなっていますから、その時間はしっかりと寝ておくべきです。

これらをしっかりと行っておけば、ニキビは一日で治すことも不可能ではありませんから、必要となるサプリや軟膏などは常備しておくと良いかもしれません。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です