デコルテにニキビができる原因5つ


ニキビは、一般的に顔を中心としてできるのが普通ですが、頭皮や首、デコルテ部分も高発部位です。

デコルテにできるニキビの原因とは?

皮脂

ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ炎症を起こした状態です。

顔だけでなく首、頭皮、デコルテや背中は身体の中でも非常に皮脂の分泌が活発な部分ですので、ニキビができやすいのです。

夏場になり薄着になるとデコルテ部分のニキビに悩む方は多いですが、夏は皮脂だけでなく汗をかきやすく蒸れやすいため、いっそうニキビができやすくなります。

シャンプーやリンス

デコルテ部分にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌以外にも、シャンプーやリンスなどが流しきれていないケースも見られます。

身体を洗った後にシャンプーやリンスをする方は要注意です。

シャンプーやリンスがしっかり流しきれていないと、デコルテ部分についたシャンプーやリンスの油分が毛穴を詰まらせ、ニキビができることがあります。

そのため、おすすめなのはシャンプーリンスは身体を洗う前に完了させてしまう事です。

最後に身体を洗うようにすれば、シャンプーやリンスがデコルテに流れてしまっていても洗い流すことができます。

身体を洗う前に、湯船でしっかりと毛穴を開かせておけばなお汚れが落ちやすく、デコルテ部分のニキビ予防になります。

デコルテニキビはマラセチアが原因の場合も


また、胸や背中にできるニキビの原因ついて、カビの一種であるマラセチアフルフルといった菌が悪さをしていることがあります。

マラセチアフルフルは、皮脂を餌として増殖しますので、菌が原因でデコルテにニキビができているケースは、皮膚科で治療することをお勧めします

皮膚科では抗真菌剤が処方され、菌の増殖が治まることでニキビが軽減することがあります。

マラセチアフルフルが原因の場合でも、もともとは過剰な皮脂が原因ですので、清潔を心がけることが大切です。

ボディソープも、あまりリッチな質感のものは毛穴を詰まらせる可能性がありますので、石けんベースのものや無添加タイプがおすすめです。

ティーツリーオイル配合のものでしたら、菌の繁殖を防止する働きがありますので、ニキビの予防にもなります。

できてしまったニキビはいじるとあとになりますので、ボディブラシやタオルでこすらず、手のひらでやさしく洗うようにしましょう。

デコルテニキビとホルモンバランス


気を付けていても生理前にデコルテにニキビができやすい方は、ホルモンバランスの崩れが原因の場合もあります

生理前のニキビがひどい場合は婦人科や皮膚科でホルモン値の測定をし、バランスが崩れている場合はホルモン剤を服用することで、ニキビが改善する場合があります。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です