ニキビの治し方 病院で行われる治療はどんな方法?


大人になってもニキビというのは肌トラブルの代表とも言うべきもので、思春期の頃に発生するニキビとは区別されています。

大人ニキビの原因は思春期ニキビとは大きく違い、複数の原因があります。

ニキビの種類も様々でそれによっても対処は変わってきますから、自分で治療をするというのはなかなか大変です。

大人ニキビを、すぐに治すには?

大人ニキビをすぐに治したいというのであれば、やはり一番手っ取り早いのは専門病院(いわゆる美容外科)の治療を受けることです。

最近では大人ニキビの治療法も多様化しており、様々な手法があります。

大人ニキビの治療法は?


大人ニキビの治療法は、

  • ピーリング
  • レーザー治療
  • 光治療
  • ホルモン剤の投与
  • 抗生物質投与
  • 面ぼう圧出
などが一般的です。

ピーリング

『ピーリング』は、美肌治療にも使われるもので、肌のターンオーバーを促進させるものです。

大人ニキビの治療にはターンオーバーが欠かせませんから、適度なピーリングは大人ニキビの治りを早めてくれます。

レーザー治療


『レーザー治療』は、ニキビの表面に穴を開けて皮脂や垢を排出させる炭酸ガスレーザーを用いるものと、ニキビ跡を治療するフラクショナルCO2レーザーといった種類があります。

根本的な治療にはつながりませんが、それでも現在出来てしまっているニキビを除去するという点では、かなり有効な手段です。

光治療

『光治療』はここ最近になって実用化されつつある手法で、LED光によってニキビ治療を行うという手法です。

青色LEDの光にはニキビの原因菌であるアクネ菌などを死滅させる効果があると言われていますし、肌に当てると皮脂の過剰分泌を抑制する効果があります。

他にも、赤色LEDや黄色LEDなどによって効果が違うとされており、まだまだ研究途上で効果の程もそこまで期待出来るというわけではありませんが、将来的にニキビ治療の新しい手法として確立されるであろうと期待されているものです。

ホルモン剤の投与、抗生物質の投与

『ホルモン剤の投与』や『抗生物質の投与』などは、薬を飲むことで皮脂の過剰分泌を抑えたり、ニキビの原因菌の働きを抑え込んだりといった効果があります。

面ぼう圧出

『面ぼう圧出』は、ニキビを潰して中の芯や膿を排出させるもので、レーザー治療などとやっていることは同じです。

点滴治療

他にも、『点滴治療』というのもあり、高濃度のビタミンを投与することで体の内面からニキビに対する抵抗力をつけていくというものになります。

まとめ

専門病院などの治療は、費用は掛かりますがその治療効果はやはり個人で行うものとは比べものになりません。

また、次に出来た時の治療の目安ともなりますから、大人ニキビが出来てしまったら一度は専門病院などで治療を受けておくと良いでしょう。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です