顎ニキビの治し方 即効で治したいときは婦人科へ?


顎にできる顎ニキビは、おでこにできるニキビと違って目立ちやすく化膿しやすいため、多くの方が悩まされていると考えられますが、大人に多いアダルトニキビの特徴でもあり、治りにくいといわれています。

顎ニキビとホルモンバランスの関係

顎ニキビはホルモンバランスの崩れが一因と考えられていますので、女性で生理前に悪化しやすかったり、婦人科でホルモンバランスが悪いといわれている方は、ホルモンバランスを整えることで速やかに完治できるケースが多くあります。

男性ホルモン値

卵巣にのう胞があると男性ホルモン値が高くなるため、婦人科的な治療を行うことで顎ニキビができなくなる例もありますので、心当たりがある方は婦人科の治療をお勧めします。

ほかにもストレスや寝不足などで男性ホルモン値が上がることがあります。

男性ホルモンの活性が上がると皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴がつまり顎ニキビの原因になることがあります。

低用量ピルとニキビ治療

男性ホルモン値が高いかどうかは美容皮膚科や婦人科などで血液検査することでわかりますが、男性ホルモン値が高い場合は低用量ピルが有効です。

低用量ピルの中にも男性ホルモンの活性が低いタイプがあり、そのようなピルはニキビ治療にも使われています。

それらは顎ニキビに大変有効です。

顎ニキビには、衛生面の改善も有効


顎ニキビはアダルトニキビのホルモン療法を行うことで多くのケースが改善すると考えられていますが、頬杖やまくらカバー、布団カバーなど衛生面を改善することで良くなることもあります。

頬杖をつく癖がある人は要注意ですが、ばい菌のついた手で頬杖をつくと、顎ニキビが悪化することがあります。

又、枕カバーや布団カバーなども皮脂や汗で不潔になりやすいため、こまめに交換することは顎ニキビの改善につながります。

スキンケアは保湿がポイント


スキンケアの面では、思春期のニキビと同じ対処法をしていると逆に悪化させてしまうケースもあり、保湿に重点を置くことが大切です。

大人の肌は水分不足に陥りがちで、うるおいが不足していると皮脂が過剰に分泌されてニキビができることがあります。

洗顔やクレンジングは肌に優しいタイプでしっかりと汚れを除去し、その後の水分補給はたっぷりと行うのがおすすめです。

ニキビにはオイルフリータイプが毛穴をふさぎにくく最適ですが、顎ニキビが気になる部分には、専用の美容液がありますので、気になる部分に使用すると良いでしょう。

思春期ニキビのようにあまり洗顔回数を増やしすぎると乾燥をまねきニキビが悪化することもありますので、注意が必要です。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です