顎ニキビと栄養 からだの内側から治すための食材選び


顔ニキビの中でも特に目立ちやすいのが顎ニキビです。

メイクでもなかなかごまかしがききませんから、できれば早く治してしまいたいですよね。

顎ニキビの原因には間違ったスキンケアもありますが、もうひとつにホルモンバランスの乱れがあります。

顎ニキビと女性ホルモン

女性でも女性ホルモンが減ったり、乱れたりするとうっすらヒゲが生えることがありますよね。

このことからもわかるように、顎の部分は男性ホルモンの影響を受けやすいんです。

ですから、顎ニキビができやすい体質の人は、女性ホルモンが少なくなっていて、顎ラインの皮脂が多く出ている可能性があります。

この点から考えると、顎ニキビに良い影響を与える食材は、まず「女性ホルモンを整えてくれるもの」が挙げられます。

女性ホルモンを整える食べ物


女性ホルモンに良い食べ物といえば、イソフラボンを多く含む大豆製品です。

その中でも特におススメなのは納豆おからです。

納豆は発酵食品でもあり、おからは豊富な食物繊維を含んでいます。

これらは腸にとてもよい影響を与え、腸内環境を整え、便秘を防いでくれます。

便秘が肌荒れの原因になることもあるということはご存知だと思いますが、これはもちろん顎ニキビにも当てはまります。

肌に良い食べ物

それから、肌のターンオーバーを正常にさせるために、ビタミンA、C、B2、B6は積極的に取りましょう

ビタミンA、Cは肌荒れを防ぎ皮膚の再生を促します。

この二つを含んでいるのが小松菜です。

ビタミンB2は全身の代謝を促してくれます。

よく含まれる食材はレバー、それから先ほども挙げた納豆です。

最後にビタミンB6は肌の再生と同時に女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

これもレバーに豊富に含まれていて、ビタミンAを含むほうれん草にも含まれています。

顎ニキビのときに控えるべき食材


次に、顎ニキビのときにできるだけ取るのを控えたい食材を見てみましょう。

顎ニキビだけに特別悪く作用するような食材はありませんが、肌荒れの原因になりニキビを作りやすい食事は控えるべきです。

たとえば、脂っこい食事は全身の皮脂の分泌量を多くします。

それから、脂質・糖質・たんぱく質の分解にはビタミンB群を多く消費します。

顎ニキビにいい食材の項で挙げたように、ビタミンB2やB6は肌を綺麗に保つのにとても大きな役割を持っています。

これらを多く消費する食事ばかり取っていると、肌に回す分のビタミンが足らなくなってしまいます。

とはいえ、脂質・糖質・たんぱく質は体を動かしたり作ったりするための栄養素のひとつでもあります。

まったく取らないようにするのではなく、肌に良いものを積極的に取りながら、バランスよく栄養素を取ることが肌の回復力を増すためには重要になります。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です