顎ニキビに効く食べ物と悪化させる食べ物とは?毎日の食事でニキビを治す?


顎にできてしまった大人ニキビは、プクッと腫れていて見た目が悪いうえにも、痛みやかゆみを感じるなどデメリットの塊です。

この厄介な顎ニキビができてしまう原因は、普段の食生活にあります。

顎ニキビに効く食べ物とニキビを悪化させてしまう食べ物を知って、毎日の献立を見直してみませんか。

顎ニキビが悪化しやすい食事

まずは避けたほうがいい食べ物からご紹介します。

× 揚げ物・辛い物


唐揚げやトンカツなど胃もたれを起こしやすくなる揚げ物や坦々麺のような辛いものは、胃が荒れる原因となるので控えた方がベターです。

× 油分の多い菓子類

チョコレートなどのお菓子類は皮脂の分泌を促進させてしまうので、毛穴が詰まってしまい、顎ニキビができやすくなります。

× 冷たい物

アイスクリームなどの冷たい食べ物も胃の働きを悪くするのでタブーです。

顎ニキビを治すために摂りたい食事

少しでも早く治ってほしい顎ニキビ。食事にも気を遣いましょう。ニキビを治すためには次のような食べ物がおすすめです。

○ 胃に優しい食事

顎ニキビは基本的に胃腸が荒れているときにできやすくなるので、胃腸に優しい食事を心がけることがキーポイントとなります。

○ ビタミンB2・ビタミンB6


顎ニキビに効く食べ物の一例として、ビタミンB2が有名です。

ビタミンB2は皮脂の量を上手にコントロールしてニキビができにくくなる働きをするので、甘いものが好きな方はビタミンB2を意識的に摂りましょう。

卵・レバー・ヨーグルト・納豆・アーモンドなどにビタミンB2が多く含まれているので、朝食に納豆卵かけご飯を食べるだけでも顎ニキビ対策になります。

パン派の方はヨーグルトをメニューに加えましょう。

それから、肌のターンオーバーを促すことでニキビや肌荒れを治してくれるビタミンB6も大切です。

ビタミンB6が含まれている食品は、レバー・豚肉・まぐろ・青魚・大豆製品・バナナ・卵など多彩に渡ります。

レバーが苦手でない人は、時々でいいからレバーを献立に組み込むだけでビタミンB2・6をまとめて摂取できるので便利です。

どうしてもレバーが食べられないという方は、卵料理や焼き魚・刺身など魚料理をメインにして調整しましょう。

また、お味噌汁をしっかり作って食べることでも、ビタミンB6が摂れるので、特別な料理を作らなくても、いつもの家庭料理で充分です。

まとめ


顎の大人ニキビを治すためには、まず胃に負担をかけない食事を最重視して、そのうえでビタミンB2やビタミンB6などの栄養素を意識して摂る食生活を送ることが重要となります。

例えば、朝食はごはんとお味噌汁と納豆か玉子焼き、またはパンとヨーグルトとベーコンエッグなどが理想的なメニューとなります。

朝食を食べない派の人は、夕食に焼き魚やムニエル、豚しゃぶなどが顎ニキビに効くおすすめレシピです。

ニキビ肌の人の食べ物についてみんながチェックしているのはこちら!

ニキビを治す食べ物はこれだ!たった一つで解決の最強食材とは?
ニキビの治し方は食べ物も大事!食べていいものとNG食品がこちら

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です