ニキビ跡が残らないように顎ニキビをケアする方法とは?


繰り返しできる顎ニキビに悩んでいませんか。

顎はニキビができやすい部位で、繰り返しニキビができることでニキビ跡が残る可能性があります。

肌の真皮層にまで達したニキビ跡は皮膚科でも治すのが難しいです。

ニキビ跡を残さないようにするには、適切なケアでニキビを改善することが大切ですが、どのように顎ニキビを治したらいいのでしょうか。

顎ニキビの原因

顎ニキビの原因の筆頭にあげられるのがホルモンバランスです。

女性には性周期があり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスをとって分泌されています。

生理前になると黄体ホルモンの分泌が増えてニキビができやすくなります。

黄体ホルモンには皮脂分泌を活発にしたり、角質を厚くする作用があるからです。

間違ったスキンケア、不十分な保湿でも顎ニキビができます。

顎は洗い忘れやすすぎ残しをしやすく、きちんと汚れが取れないことで毛穴がつまります。

保湿が不十分で肌が乾燥すると、過角化という現象が起こり、古い角質が蓄積して毛穴の出口がふさがれます。

顎ニキビの治し方

1.まずはホルモンバランスを整えることが大切です。

ストレスや不規則な生活はホルモンバランスに影響を与えるので、ストレスをため込まないようにし、睡眠をしっかりとって規則正しい生活をしましょう

生理前になるとホルモン影響で皮脂分泌が活発になるので、皮脂分泌を活発にする脂っぽいものや甘いものを控えるようにします。

2.洗顔し忘れやすいので、顎も洗うように気をつけましょう。

ゴシゴシ洗うと肌を傷つけてしまうので、泡をよく立てて泡を転がすように洗います。

顎はすすぎ残ししやすいので、顎まですすぐように気をつけてください。

熱いお湯は肌の刺激となるので、34度くらいのぬるま湯で洗顔をします。

3.乾燥すると角質が蓄積して毛穴がつまりニキビができるので、洗顔後はすぐに保湿をします。

ニキビで悩んでいる方はさっぱり系の化粧品を選ぶ傾向がありますが、さっぱり系は肌を乾燥させて顎ニキビを悪化させる可能性があるので、ヒアルロン酸やセラミドなどを配合した保湿化粧品を使用しましょう。

4.古い角質を取り除くためにピーリングも行います。

AHAを配合した石けんで洗って古い角質を取り除きます。

頻繁に行うと肌の力が低下するので週に1回までにします。

それでもダメなら


セルフケアでなかなか治らない場合は、早めに皮膚科を受診しましょう

皮膚科では面皰圧出、ケミカルピーリング、外用薬、内服薬などで治療をします。

専門家に治療をしてもらうことでニキビ跡が残りにくくなります。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です