ニキビを予防する洗顔料としてわたしがクレンジングをおすすめする理由


ちふれのウォッシャブル コールド クレンジングがおすすめです。

そもそも、つまった毛穴の奥に、アクネ桿菌という菌が残っているよ!!

という肌からのSOS=炎症=ニキビと考えられます。

なので、ニキビそのものを治す基礎化粧品ははっきり言って無いと考えられます。

もっと言えばニキビの治癒のために作られた化粧品は存在してますが、実際の効果はごく僅かなもので、その化粧品を用いてニキビを治癒しようが、時間薬で治癒しようが変わりはなく、再発防止に努めることが最良の手段だと思います。

というわけで、ニキビの治癒にオススメではなく、ニキビ再発防止にオススメの洗顔料を紹介させていただきました。

このクレンジング剤は肌馴染みが良く、コストパフォーマンスも良いです。

香りも良いです。

優しい力で肌の上を滑らせるようにマッサージして、肌の循環を良くすることで、新陳代謝を活発にさせます。

このときニキビ中心部には直接触れないことを勧めます。

触れることは炎症を悪化させるだけです。

また、強いマッサージはシワの原因になるため、面倒ですが優しく時間をかけてマッサージします。

肌を直接摩擦してしまわないようにクリームはビー玉2個分使用します。

落とすのはファンデーションだけでなく、肌表面についているであろう外気の汚れ、汗や脂です。

それらがしっかりクリームに馴染んでいくのを意識しながら優しく細かくクルクルとマッサージしていきます。

小鼻はピーリングのため入念にクルクルします。

3分程マッサージすると、クリームが毛穴の汚れたちを浮かし取り、指先の感触が軽くなります。

こうなったら汚れを含んだクリームごとオフします。

水やお湯でざっと洗い流すと、まだ肌表面はオイリーな感じが残っていると思います。

次に、蒸しタオルで顔全体を包みゴシゴシせずに肌を優しくプッシュするようにするとヌルヌル感が無くなりさっぱりとします。

こうして毛穴をさっぱりとリセットする行為を継続することでニキビの再発を防ぐことができています。

この商品は詰め替え用も売られていますが、詰め替える際には容器を洗ってしっかりと乾かすことが重要です。

どの商品にも同じことが言えますが、詰め替える際に汚れや水が含まれるとその製品を清潔に保つことができずに傷めてしまいます。

必ず清潔な容器に移し入れることをオススメします。

そしてわたし自身の失敗談ですが、その後に敏感肌用の化粧水や乳液を使用してはいけません。

私は普通肌のなのですが、敏感肌用の化粧水や乳液を使用してしまい、ニキビを作ってしまいました。

どうやら化粧品に含まれるBGが毛穴に不必要な蓋をしてしまうことになり、ニキビができてしまったようです。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です