ビフナイトは本当に効果があるの?パッチタイプを使ってみた!


最近、睡眠不足と乱れた食生活がたたってニキビが頻発してしまいました。

慌ててスキンケアをしても効果がなく、とにかくできてしまったニキビを治さなくてはどうにもならないようで…。

私は乾燥肌のためニキビはあまり頻繁にはできないのですが、以前に思春期ニキビに悩んだときにクレアラシルのクリームを使用したことがありました。

残念なことに、その時はあまり効果を感じられず…でも日中は忙しく朝もバタバタしているため、クレアラシルのクリームみたいに寝る前に塗るだけのものがほしい!

と思い、今回は小林製薬の「ビフナイト」を試してみることに。

しかも貼るだけのパッチタイプというものが出ています!

クレアラシルのクリームは寝相の悪い私にはあまり適さなかったのか、起きた時に枕やパジャマにクリームがべったり落ちていることがあって気になっていました。

ニキビができるくせに肌が敏感で弱いので、ニキビ用クリームがニキビでないところについてしまった時に肌荒れがしないか心配で…。

その点ビフナイトのパッチタイプなら、横向きに寝ても落ちないしクリームのように垂れたりほかの部分に付いたりしません。

使用方法も、就寝前に清潔にした患部にぺたっと貼るだけ。

シールタイプは貼った箇所が気になる!

という方のために従来型のクリームタイプも、リップスティックのようにさっと塗れるタイプのものもありました。

赤く膨らんできたニキビ、まだ膿は見えないけどこのまま大きくなりそうだな、と思った箇所に貼ってみました。

初日はあまり変化はなかったのですが、二日目の夜になると膿がうっすらと表面に出てきているのが見えました。

そして三日目の夜、遂に膿を持った大きなニキビに…。

あんまり効いてない…?と不安になりながらもその後二日ほど貼り続けたところ、膿を出さなかったのに炎症が収まりだんだんとしぼんできました。

そして、そのままかさぶたのように皮がぽろっと取れて、跡の残っていない綺麗な肌に元通り。

ニキビが治るまで合計六日ほどかかってしまいましたが、炎症は確実に抑えてくれたようです。

今すぐにニキビを治したい!という方にお勧めできるほどの即効性はありませんが、とにかく綺麗に残したい!

手間をかけたくない!クリームのべたべた感が苦手…という方にはパッチタイプはお勧めです。

ちなみに医薬品として認められているビフナイトはクリームタイプのものだけのようです。

パッチやスティックタイプのビフナイトは「医薬部外品」という区分になるそうなので、医薬品がいい!

という方にはクリームタイプがおすすめです!

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です