プロアクティブを1週間我慢してつかってみたら頑固なニキビが・・・


10代の頃はどれだけ不摂生な生活をしようが、どんな化粧品を使用しようが、まったく肌が荒れたことはなくニキビに悩まされることなんて経験がありませんでした。

しかし20歳になって就職してから、ストレスもあったのかぽつぽつとニキビが目立ち始め、気付いたときには頬から顎を中心にほぼ顔中ニキビ肌になっていました。

顔自体真っ赤になっていてファンデーションを厚塗りしてもとてもカバーできる状態ではなく、いつも髪の毛で隠すようにしたり、下を向いているようになりました。

髪の毛を切ったって、新しい洋服を買ったって、このニキビ肌ではなんの意味もないと、落胆した生活が2年程続きました。

その中で、ニキビに効果があると聞いたものはありとあらゆるものを試しました。

奮発して高い化粧品をしばらく使ってみたり、漢方を1年くらい飲み続けました。

また、皮膚科にも通い即効性のある点滴を打ってもらったりしましたが、いまいちどれも効果が出ませんでした。

化粧品も何種類も試してみたり、食べ物にもかなり気をつけて規則正しい生活を心がけていました。

それが逆にストレスになったのか一向に治る気配がなく、肌のキレイな友人に劣等感を抱いたりして、自分自身醜くなっていくような気がしていました。

そんな中、CMで話題だったプロアクティブという化粧品が目に止まりました。

話題ではありましたが、口コミを見ると賛否両論だったし、外国製の刺激の強い商品だというイメージがあったため、なかなか手を出せずにいましたが、今までどれを試しても駄目だった私にとってはわらにもすがる思いで、頼んでみることにしました。

まず、洗顔フォームから化粧水、乳液まで一通り揃っているお試しセットを購入しました。

洗顔フォームを初めて使った感想は、とにかく痛い!刺激が強すぎてジッとしていられないくらいでした。

洗い流してもジンジンするし、やっぱりこれは強すぎるかも…と思っていました。

そのあと化粧水、乳液と使いましたが、やはり刺激が強いし、なによりも乾燥がひどすぎてボロボロになってきました。

次の日にファンデーションを塗ろうにも乾燥がひどすぎて、浮いてしまい化粧をすることもできませんでした。

しかしせっかく頼んだのだからと1週間は我慢して使い続けました。

もう炎症もかなりしてきて限界だったため、使用を中止し、手元にあった保湿性の高い乳液で応急処置をして明日皮膚科に行こうと思ってその日は休みました。

すると、次の日少し炎症が治まっていたのです。

だから皮膚科には行かずとりあえず保湿を心がけて数日間様子を見ることにしました。

そうしたらなんとあの頑固なニキビ肌がみるみる改善していったのです。

かなりの感動でした。

プロアクティブにはピーリング効果があるようで、あの炎症でボロボロになったのはもしかしてピーリングだったのか!と実感しました。

結局、気にしていたニキビ跡も残らずきれいに治ってしまいました。

それからはプロアクティブと保湿性の高い乳液を併用して使っていました。

現在はプロアクティブも品質が若干変わったのかあまり乾燥が気にならなくなりましたが、これは本当に私に合っていたようで、試してみてよかったと心底思っています。

スポンサードリンク
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です